高校受験

公立高校受験では、内申点は何点までなら足りなくても合格できる?

Q&A

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

Q. 子供の内申点では目指している公立高校の基準に足りません。何点までなら基準より低くても合格出来ると思いますか?

A. 学力次第ですが基準より2,3点低いと志望校を下げることを考えた方が良いと思います。

公立高校の受験時に内申点が足りない。でも合格の可能性があるなら志望校は受けたい。すると、何点までなら低くても良いの?という疑問が生じるのは当然ですよね。

あくまで合格は内申点と筆記試験の合計点で決まりますから、内申点が多少低くても筆記試験で挽回できるなら合格可能性は十分にあります

内申点が何点まで低くても良いのか?というラインを考えるためには、この合計点がどのようにして計算されるのかを知り、当日のテストで何点を取ればいいかを考えれば、合格できるかどうか見えてきます。

例えば東京都では、各教科の素内申(45点満点)の中から副教科だけを2倍した換算内申(65点満点)を算出します。次にその換算内申を300点満点の調査書点(65点満点の換算内申を300点満点になるように数値を掛ける)に変換します。この調査書点と、5教科500点満点の筆記試験の点数を700点満点に変換したものを合計し1000点満点とします。この1000点満点中、何点取れたかで合否が決まります。

詳しいことは知りたい人だけが知っていればいいのですが、要するに東京都では

主要5教科の内申点の1点はテストでの3.3点
副教科(実技教科)の1点はテストでの6.6点

に値するということです。

この点数の分だけ当日のテストで挽回することができれば合格です。

問題は何点挽回できるか?という点ですが、良くて10点ほどでしょう。

ですので、内申点に直すと、2,3点は低くても合格可能性があるということになります。

もちろん内申点が低い割に学力が高い子、内申点が高い割に学力が低い子がいるので事情は異なりますが、大体2,3点というのがラインになってくるでしょう。

Q&Aへのご質問はこちら

このQ&Aについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

 

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験合格の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら