内申点

7カ月の指導で内申点37→43へ!私が教えたことを解説します

内申点

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

2学期の期末テストも近づき、お子様のテストの結果に今から心配されている方も多いことだと思います。

さて私の方は一足早く私が今教えている子の2学期の内申点が出ました。(期末テストが早い高校なので)

内申点は素内申で42!!!英検での加点を含めると43です。今年の6月から指導を始めましたが、指導を始める前の内申点が37だったので6も上がったことになります。

ぜひお子様の内申点もこれくらい上げたい!と思っている方も多いことでしょう。

そこで今回は、私が具体的に生徒にどのような指導を行ったのかをお話ししたいと思います。この記事を見ているご両親がお子様にも同じことをできるように分かりやすくお話しするので是非試してみてくださいね。

生徒の情報

まず初めに生徒の情報を軽くご紹介します。

学年:中学3年生
通塾状況:週4で塾に通っている
私の指導:週1~2回指導
内申点:37。副教科はオール5で、5教科が合計17。

受験を控えた3年生を指導しました。週に4回塾に通っているので、既にそちらの勉強で忙しく、何とか空いた時間を使って定期テストの点数を上げなければいけないという状態でした。

内申点は37でしたが、なんと副教科はオール5。その分5教科の内申点が合計で17でした。(オール3に4が2つある。)

管理人
管理人
定期テスト対策だけに時間をかけられるわけじゃいし、お世辞にもあまり頭が良いとは言えない子です。ここ何年かで1番キツイなぁと思った仕事です。

内申点を上げるためにやるべきこと

内申点を上げるためにやれることは、定期テストの点数を上げることだけです。

相当素行が悪くない限り、他の事は改善のしようがありません。ということでここから先は定期テストの点数を上げる方法についての話になります。

テストに向けて私が行ったこと

私がテストに向けて行ったことは

生徒の勉強を管理して、
テストまでに十分な勉強をさせること

です。私の授業では解説はあまり行いません。なぜなら解説は無駄だからです。

塾の授業で解説を受けることで学力がつくんじゃないの?

学力は解説を受けることよりも、生徒自身で問題を解くときにつきます。私がどんなに分かりやすい解説をしようと生徒が自分で問題を解いてくれなければ時間の無駄になります。

学力は
生徒自身が問題を解くときにつく!

そうすれば、テストで高得点を取るためにやるべきことは、生徒に十分な量の問題を解いてもらうことです。

「いつもよりたくさん勉強してね!」と言っただけで十分な量を勉強できるようになるわけではないので、私はそのお手伝いをします。勉強すべきことを指示し、生徒には言ったとおりに勉強してもらいます。

管理人
管理人
では具体的に私が何をしたかを見ていきましょう!

1.テスト勉強を始める時期を決める

まず行うのは定期テスト対策を始める時期を決めることです。

  • 忙しさ
  • 勉強に使える時間
  • 対策を始める前の学力
  • やるべき勉強量
  • 狙う内申点

などを考えながら時期を決めます。
今回は

  • 塾に週4で通っていて忙しいこと
  • 定期テスト対策にあまり時間は使えないこと
  • 学力は低い方であること
  • 中間テストがない分、期末の勉強量が多いこと
  • 高い内申点を取っておきたいこと

などから、1カ月半前から対策を始めることにしました。
勉強時間が取れない分、少しづつ勉強していって間に合わせる作戦です。

管理人
管理人
このように生徒によってテスト対策を始める時期は大きく違います。私は大体1カ月~3週間前から始めさせますが、今回みたいなこともあります。

アザラシ塾式定期対策法では誰でもお子様に合ったテスト対策開始時期を決められるように詳しく決め方を解説しています。

2.テストまでに勉強する内容を決める

テスト対策の期間を決めたら、次にこのテスト期間でやる勉強の量を決めます。これは

  • 生徒の学力
  • 覚える速さ
  • 狙う点数

などを考えて決めますが、大体どの子も同じ位になります。
今回の子はテストまでに

  • 国語は問題集を4周する。
  • 数学は問題集を3周。簡単な計算問題については他の問題集を使ってさらに演習量を確保する。
  • 英語は文法問題集を2周して基本を固めた後に、教科書準拠の問題集を3周。
  • 理科、社会は問題集を4周。

このような目標を決めました。あとはこの量をテストまでにやらせるだけです。

多すぎじゃない?

管理人
管理人
これくらいやらないとやっぱり結果は出ないです。それに毎回のテスト範囲は案外狭いのですぐ終わります。

3.1週間ごとの勉強量を決める

次に決めた勉強量を実行しやすいように小分けにしていきます。忙しい週、忙しくない週があると思うので上手く割り振ります。

3年生にもなると模試を受けます。日曜日が1日潰れてしまうので、模試がある週は少なめに、ない週は多めに割り振りました。

4.定着度を確認、計画を変更する

ここまで決めたら、後は生徒に勉強してもらうだけです。
とはいってもなかなか計画通りには進みません。

  • 予定した通りに宿題をしない
  • 勉強しても全然覚えられていない
  • 逆に1回勉強しただけでよく覚えている
  • テスト範囲が変わった

などなど様々なことが起こります。

そこで私は授業の度に定着度を確認して、計画を適宜変更しました。

この子の場合は

  • 理科の定着が良かったので、4周→2周に変更
  • 英語の文法が酷かったので、2周→3周に変更
  • 時間がなかったので、国語を4周→2周に変更

ということをしました。

管理人
管理人
いつもはもう少し余裕を持った計画を立てるのですが、この子は忙しいのでかなりギリギリな計画を立てざるをえませんでした。案の定終わらずいくつか減らしました。

5.宿題で理解できないことは解説

勉強を進めていて、自分ではどうしても理解できないことがある時には解説を行いました。逆に言えば解説を行うのは「先生ここが分かりません」と質問されたときだけです。

とは言っても、分からない問題をそのままにしておくことは絶対にダメなので積極的に質問をさせるようにしていました。

お子様も分からないことがある時は必ずだれかに質問して解説を受けるようにして下さい。質問するのは恥ずかしいという子にはスタディサプリで映像授業を受けるのがお勧めです。

スタディサプリってどうなの?家庭教師が勧める成績を上げる上手い使い方最近、スタディサプリというオンライン学習サービスが話題になっています。LINEで相談してくださる方の中にも、スタディサプリについていくつ...

指導の結果

こんな感じで、1学期と2学期の定期テスト対策を指導しました。その結果はこのようになりました。

1学期:内申37→39へ

1学期は内申点が2上がりました。これは理科と社会のテストの点数が上がったことによります。

最初のテストでは2しか上がりませんでしたが、私のやり方で勉強をすれば点数が上がるという自信が持てたようで次はさらに私を信じてやっていきたいと言ってくれました。

管理人
管理人
他の塾との兼ね合いで3教科しか指導ができませんでした。まぁいきなり来た人に、こんなにたくさんの勉強をやれと言われても信じられませんよね。。。結果が出ると信じてもらえます。

いきなり全教科をこのやり方でやるのは難しいと思うので、まずは理科や社会から始めて見てください。点数が上がる自信が持てたら段々と別の教科も同じやり方で勉強してみてくださいね。

2学期:内申39→42へ

1学期で結果が出たことにより、2学期ではさらに私の計画通りに頑張って勉強してくれました。

その結果、内申点は42へ。5教科で4が3つと5が2つです全教科1ずつ上がったことになります。この結果には非常に満足していただけました。

さらに英検で内申+1で43へ

志望校に英検や漢検による内申点の加点があることを知っていたので、2学期の内に英検を受けてもらっていました。

見事合格し、内申点+1をゲット。これで内申点は43になりました。

英語の勉強
高校受験までに無理に英検、漢検を受けるのはやめるべき3つの理由高校受験で加点を貰うために、英検や漢検を受けようとしていませんか?これまで多くの中学生を教えてきましたが、時間をかけて対策をして英検、漢検を受けるのはお勧めできません。その理由を解説します。...

テストの点数、内申点が上がるとこんな良いことが

ということで43まで内申点が上がったわけですが、内申点が上がるとこんなに良いことがあります。

公立高校の志望校を上げられる

6も内申点が上がると、公立高校の志望校を1つか2つレベルを上げられます。

また、志望校をそのままにしておくと合格率が大きく上がります。

管理人
管理人
内申点が6上がると、本番の試験では7問くらい周りより多く間違えても良いことになります。

レベルの高い私立の併願校を確保

内申点が上がると、私立の併願校のレベルを上げることができます。

併願校とは、受験した全ての高校に落ちてしまった時に進学する抑えの高校の事です。内申点だけで合格が貰えます。

43も内申点があれば、結構な進学校からも併願を貰うことができます。そうすると受験時の安心感が増しますし、他の志望校をチャレンジすることができます。

管理人
管理人
まだ受験はこれからですが、既にかなり有利に運べています!やっぱり既に偏差値65前後の進学校の併願を取れているのが大きいですね。

ぜひ私のテスト勉強法を試してみてください

ここまで生徒の内申点を上げた方法を解説しましたが、いかがでしたか?

大切なのは勉強の管理。お子様自身に勉強をさせることです。
同じことをすれば、お子様の内申点も同じように上がります。

プロが指導したから成績が上がったんじゃないの?

いえ、このやり方はご両親のどなたでもできます。
やるべきことは勉強を管理することなので専門的な勉強の知識は必要ありません。

むしろこの子はここ数年で1番点数が上がりにくかったので、お子様の方が良い結果が出るかもしれません。

同じやり方を子供にやらせて内申点を上げたい!

そういった方のために、やるべきことを1から全て解説したアザラシ塾式定期テスト対策講座を用意しました。

この講座ではお子様に合った計画を立て、実践できるようにやるべきことを具体的に順番にお話ししています。中学生のご両親をターゲットにしているため、一切の専門的な知識は必要ありません。

興味のある方はぜひお試しください。

定期テスト対策法はこちら!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験合格の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら