内申点

内申点への加点ってなに?加点を受けるためにやるべきことを解説

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

「英検や漢検を持っていると内申点が加点されることがある」

そんな話を聞いたことはありませんか?

高校受験では、高校によって内申点に加点を受けることのできる制度が存在します。内申点は重要ですから、受けられるなら加点を受けたいですよね。

そこで今回は、内申点への加点とは何なのか、どういった高校を受ける時に加点されるのか、加点を受けるために何をすればいいかなどをまとめてお話しします。

内申点への加点とは?

内申点への加点とは

英検、漢検、数研などの資格を持っていたり部活動で優れた成績を残していたりすると、内申点に加点が受けられる制度

の事です。

例えば
内申点が35で英検3級を持っていた時に、内申点を36として認めてくれます。

このように資格を持っていたり、中学時代に課外活動で優れた結果を残していたりすると受験で有利に働くことがあります。

管理人
管理人
ただ、全ての入試で優遇されるという訳ではありません。ではどういった受験で有利になるのかを見ていきましょう。

内申点の加点が受けられる入試

加点を受けられるのは、主に私立高校入試が多いです。

都道府県によっては公立高校入試でも加点を受けられることがあります。

公立高校入試

公立高校入試は、加点がされないことが多いです。

成績から計算される内申点を単純に計算した値だけを受験で考慮する地域が多く、加点はされません。

ただ、都道府県によっては加点がされることもあります。

必ずお住いの都道府県での適応を調べてくださいね!

管理人
管理人
教育委員会のHPに載っています。

私立高校入試

私立高校入試は、加点されることが多いです。

ただ、一概に私立高校入試といっても

  • 加点される高校と加点されない高校がある
  • 推薦入試では加点、一般入試では加点されない、という様に入試形式によっても異なる
  • 英検と数検は加点対象だけど漢検は違う、という様に加点を受けられる条件が違う

といった風に加点の適応や条件は、高校間で違いますし、同じ高校でも入試形式や入学するコースで変わってきます。

1度はそれぞれの高校に加点があるかないかを調べておくようにして下さいね!

内申点の加点を受けるためには

では加点を受けるためにはどうすればいいのでしょうか?

加点を受けるためには大きく分けて

  1. 資格を取得(英検、漢検、数検)
  2. 課外活動で良い成績を残す

という2つの方法があります。

資格を取得

英検、漢検、数検を高校が指定する級を取得していることで、加点を受けることができます。

高校側が「英検、漢検、数検3級のいずれかを取得していると加点1」という風に

  • 加点を受けられる検定の種類
  • 加点を受けられる級
  • 加点される点数

を指定してきますので、それに合わせて取得しましょう。

管理人
管理人
どの高校も3級を1つの目安にしています。まずは3級を目指しましょう。

特に数検は馴染みが薄いと思いますが、数学検定の略で英検、漢検の数学版です。マイナーですが、多くの高校で加点を受けることができます。

多くの高校では、加点は1度きり(英検3級と漢検3級を両方持っていても1点しか加点されない)なので、1番楽に取得できる検定を狙うといいでしょう。

積極的に検定取得を目指すべきか?

中学や塾の先生から「英検や漢検を受けるよりも日頃の勉強を大切にしよう」と言われることもあるかもしれません。

私としても、英検や漢検の勉強を普段の勉強に影響が出るくらいすることはお勧めしません。

加点はあくまで加点であり、素の内申点の方が重要度は高いです。資格の勉強をして、テスト勉強を疎かにするようでは本末転倒です。

そもそも3級は中学範囲のみ出題されるので、しっかりと勉強していれば中3時には勉強せずとも合格できます。

苦労せずに取得できそうなら取得するくらいの気持ちで狙いに行った方が良いでしょう。

課外活動で良い成績を残す

部活や学校外で行っている活動で良い成績を残すと加点を受けられる高校もあります。

ただ基準はかなり高いですし、狙って取れるものでもありません。

もし満たしていたらラッキーくらいの気持ちで構えていましょう。

まず、志望校の加点の適応を調べよう

ここまで内申点の加点についてお話ししましたが、加点があるかないかは高校によって様々です。

まだ志望校を決めていなくても

  • お住いの都道府県の公立高校の適応
  • 学力的に大体通うことになりそうな私立高校の適応

は必ずご自身で調べておきましょう!

特に英検、漢検、数検などは受験勉強で本格的に忙しくなる前に取っておきたいので、早めに調べることをお勧めします。

まとめ

今回は、高校受験の内申点の加点についてお話ししました。

まとめると

  • 主に私立高校の受験の際に内申点に加点を受けられることがある
  • 基本的には、英検漢検数検取得による加点
  • 適応は高校により異なるので調べましょう

ということでした。

内申点1点分は、当日の試験の1,2問分になることもあり、貪欲に加点を狙っていきたいところです。ただ、日常の勉強に支障が出るほど資格の勉強をするのはやり過ぎと言えるでしょう。

英検、漢検で1点の加点を狙うよりも普通に内申点を1点上げた方が良かったりします。内申点を上げるために見直すべきポイントをまとめてみたので参考にしてみて下さい。

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

生徒の成績を100%上げる家庭教師の秘訣

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも意外と誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。

家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!