全般的な勉強法

中学1,2年生の夏休みの過ごし方。勉強時間は?何を勉強すれば良いの?

部活

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

この記事のまとめ

1,2年生の夏休みは、復習を中心に勉強しましょう。どの範囲の定期テストでも80点を取れる学力をつけることが目標です。

夏休みが中学の勉強において最も重要なのはこのページに来られた方には言うまでもないかもしれません。中学の夏休みには莫大な自由な時間があり、勉強時間も1年間で最も多く確保することができます。

もちろん勉強だけをやるべき!ということはありませんが、全く勉強をしないようではお子様が他の子に差をつけられてしまいます。

そんな大切な夏休みは、受験生ではない中学1,2年生でも依然として重要なのには変わりがありません。

でも時間があり過ぎる分、夏休みにはお子様に何を勉強させれば良いのか、どれくらいの時間勉強すれば良いのか想像もできない方も多いと思います。

重要な夏休みですから、「分からない」で正しく勉強ができず、学力が伸びなかったという事態には陥りたくありませんよね。

そこで今回は中学1,2年生の夏休みの勉強法について解説します。

私自身の経験や家庭教師として様々な生徒を見てきた経験から夏休みにすべき勉強や勉強時間をお話しします。1つの参考にしてもらって勉強も頑張りつつ、夏休みを楽しみましょう!

中1の夏休みにやるべき勉強や具体的な勉強法

中1の夏休みにやるべき勉強はこれまでの復習です。まだ多くの事を学んでいるわけではありませんが、ここで躓いてしまうと残りの中学での勉強に全くついていけません。

管理人
管理人
1学期で学んだ内容については1つの疑問点もないようにしましょう。

塾の夏期講習がある場合

塾の夏期講習がある場合は、塾の夏期講習の授業や宿題をやるだけで構いません。プラスで何かを勉強する必要はありません。

下手に塾の勉強にプラスして勉強してしまうと、塾と家庭学習どちらの内容も身につかないという事態になってしまします。まずは塾の夏期講習に集中しましょう。

余裕がある場合は、次にお話しする勉強法でこれまでの範囲の復習を行いましょう。

塾の夏期講習がない場合

塾の夏期講習がない場合はご家庭で勉強の計画を立てなければいけません。

中1の夏休みにやるべきなのはこれまでの範囲の復習です。

用意するもの

  • 各教科の問題集:既に問題集を持っているならそれで構いません。ない場合は「文理の教科書ワーク」がお勧めです。定期テスト対策にも使えます。
  • 参考書:分からないことがあったときに調べるために使います。参考書は本屋さんで中身を見て、1番使いやすそうなのを選びましょう。
  • スタディサプリ:(あるといいもの)好きな時に映像授業を受けられるサービスです。単元ごとに要点を押さえた授業を受けることで、試験に役立つ知識をつけることができます。

勉強法

これまで勉強した範囲の問題集を解きましょう。(解きなおしましょう)

解いたら丸付けをし、必ず解説をよく読み、間違えた問題は何も見ずに解けるようになるまで何度も解きなおします。

分からない問題があったら、そのままにするのではなく、問題集の解答解説を読んだり、参考書を読んだり、スタディサプリの映像授業を受けたりして必ず解決しましょう。

また、解説を読んで終わるのではなく、何も見ずに解けるようになるまで間違えた問題を解きなおしましょう。

  • 解説をよく読むこと
  • 間違えた問題は解けるようになるまで解きなおすこと

以上の2つの点を守って、学んだ範囲の問題集を解いていきましょう!

勉強時間の目安

中1の勉強時間の目安は1日の平均が1時間~2時間ほどです。

とは言ってもこれは目安です。1学期の範囲が良く身についている子なら、復習の時間は少なくなると思いますし、全然勉強できていない子なら時間は長くなります。

勉強時間よりも、1学期の復習を終わらせることを目安に勉強していきましょう!

中2の夏休みにやるべき勉強や具体的な勉強法

中2の夏休みにやるべき勉強もこれまでの範囲の復習です。とは言っても、中1から中2の1学期までと範囲は1年生の時から増えています。

管理人
管理人
復習だけ?と思うかもしれませんが、結構範囲は広いですよ!

塾の夏期講習がある場合

塾の夏期講習がある場合はそちらを優先しましょう。塾の勉強もある中で自宅でもプラスで勉強していると、どちらの内容も身につかなくなることもあります。

まずは塾の内容に集中して勉強し、それでも余裕がある場合はこれから話す勉強法を参考にして復習を行いましょう。

塾の夏期講習がない場合

塾の夏期講習がない場合は、これまでの範囲の復習を行いましょう。この復習とは1年生の1学期の内容から全ての内容の復習を指します。

用意するもの

  • 各教科の問題集:既に問題集を持っているならそれで構いません。ない場合は「文理の教科書ワーク」がお勧めです。定期テスト対策にも使えます。
  • 参考書:分からないことがあったときに調べるために使います。参考書は本屋さんで中身を見て、1番使いやすそうなのを選びましょう。
  • スタディサプリ:(あるといいもの)好きな時に映像授業を受けられるサービスです。単元ごとに要点を押さえた授業を受けることで、試験に役立つ知識をつけることができます。

勉強法

これまで勉強した範囲の問題集を解きましょう。少しでも不安のある範囲は1度は解きなおしたいです。

1年生の時よりも範囲が広くなるので、解くべき問題を選んで夏休み内に終わらせらるように調節します。

苦手な範囲→基礎問題から解く
少しだけ不安な範囲→章末のまとめ問題だけ解く

解いた問題は間違い直し、解説の読み込み、解きなおしを必ず行いましょう。

問題集を解く際の注意点はこちらの記事でまとめています。やり方1つで効率が何倍も変わってくるので、必ず1度は読んでください!

管理人
管理人
このブログで1番読んで欲しい記事です!

このように復習をして、全範囲で定期テストの80点が取れるぐらいの学力をつけることを目指しましょう。

勉強時間の目安

勉強時間の目安は1日の平均にして2~3時間です。塾の夏期講習に行くとこれぐらいは勉強することになります。塾の夏期講習がなくとも同じ時間だけ勉強したいところです。

まとめ

今回は中学1、2年生の夏休みの勉強法についてお話ししました。まとめると

  • 1,2年生の夏休みは、復習第一!
  • これまで学んだ範囲の問題集を解きなおす

というのが今回のまとめでした。夏休みにお子様にどのような勉強をさせればいいのか分かってもらえましたか?

このブログでは他にも勉強法や高校受験に関する情報を発信しています。是非他の記事も見てみてくださいね!

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!