知っておくべき知識

【高校受験】不登校でも私立高校なら問題なし!影響のない入試とは?

親の悩み

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

子供が不登校だけど、高校受験はどうなるの?

お子様が不登校になると様々な悩みが絶えないと思いますが、その中でも高校受験については特に悩まれることでしょう。

「高校からは、通えるようになるかも」
「高校はぜひ普通の全日制高校に行って欲しい」
そう考えている方も多いですよね。

しかし、不登校だと一部の入試では内申点と欠席日数という観点から影響が出てしまい合格するのは難しくなってしまいます

ただ、「不登校でも私立高校の一般入試には影響が出ないことが多い」です。

不登校の子が希望の高校に進学するためには、不登校だと高校入試にどんな影響があるのかを知り、合格できる可能性がある高校を選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、

  • 不登校の高校受験への影響
  • 影響がある入試
  • 影響がない入試
  • 合格するためにやるべきこと

についてお話しします! 今後の進路を考える上で重要な話になるので、高校進学について考えている方はぜひ読んでみて下さい。

管理人
管理人
家庭教師という職業柄不登校の子を教えることが多いのですが、前教えていた子は普通に私立高校に進学しましたよ!

高校によって取り扱いは異なるので、進学希望の高校について詳しくはご自身で調べてくださいね!

不登校の高校受験への影響

管理人
管理人
まず、どうして不登校だと受験で不利になってしまうのかを説明します!

不登校になると高校受験に悪い影響がありますが、それは

  1. 欠席日数
  2. 内申点

という2つの項目が高校受験の際に評価されるからです。

1.欠席日数の影響

欠席日数が多いと受験では不利になってしまいます。

高校受験を受ける際には書類を提出する「出願」という手続きがありますが、その際に「調査書」というものを提出します。

この調査書は中学校での生活の様子を記したもので「この子はうちの中学でこんな中学生活を送っていましたよ~」と紹介する書類です。

調査書には、内申点と一緒に欠席日数も書かれます。この調査書が合否判定に使われると、欠席日数が多い場合にはマイナスに働いてしまうわけです。

また、推薦入試などではそもそも欠席日数が多いと受験資格を貰えない場合もあります。

2.内申点の影響

授業や定期テストを欠席していると内申点も低くなります。

内申点は公立高校入試などで使われるので、低いと当然影響が出てしまいます。

管理人
管理人
このような2つの理由から、一部の入試では影響が出てしまいます。

公立高校入試と推薦入試は難しい

欠席日数と内申点の影響が大きい入試では合格するのはかなり難しくなってしまいます。

具体的には

  1. 公立高校入試
  2. 私立、公立の推薦入試

の2つの入試では大きく不利になってしまい、合格するのは難しくなります。

公立高校入試はかなり厳しい

不登校だと公立高校に合格するのは基本的にはかなり難しいです。

公立高校の一般入試は、内申点の比重が大きい入試です。不登校でなくても内申点が低ければ、ずば抜けた学力が必要になります。

また公立高校入試では「欠席日数が○○日を超えると、審議の対象にする」などと明記されていることが多く、欠席日数も大きなハンデとなります。

内申点と欠席日数のどちらもマイナスに働くので相当な学力がないと合格することはできないでしょう。そもそも公立高校は人気なので、、、

管理人
管理人
普通に公立高校に合格するのは厳しいと思ってもらって構いません。

自己申告書などを提出することで特別に配慮してもらえることもありますが、基本的に公立入試では不利になってしまいます。

推薦入試は私立公立共に難しい

推薦入試は私立公立共に受験さえできない場合が多いです。

推薦入試は出願資格のところに「欠席日数が○○日以内」と明記されていることが多く、欠席日数が基準を超えていると受験することはできません。

管理人
管理人
とは言っても、推薦入試を考えている方は少ないでしょう。

私立の一般入試では影響なし!

私立高校の一般入試(テストを受ける普通の入試)では、不登校でも何の影響も出ないことが多いです。

管理人
管理人
不登校の子は自ずと私立高校を狙うことになりますね!

私立の一般入試は当日のテストの点数しか考慮されない

私立高校の一般入試では学力検査、つまり当日のテストだけで合否を決める高校が多いです。

内申点や欠席日数は見られないので、テストで合格点を取れさえすれば合格です。

ぜひ学校説明会で相談しよう

基本的には私立高校は当日のテストだけで決まるのですが、不登校の子の扱いについては裏で何が行われているのか分からないことも。

そこで、受験したい高校が決まってきたら学校説明会に行って高校の先生に相談することをお勧めします

「うちは欠席日数は関係ありませんよ」と言われればそれだけで安心できますよね

管理人
管理人
私が教えていたご家庭も、説明会で相談をして「全然大丈夫」と言われたらしいです。すごく安心されていました。

不登校でも学力はつけておく必要がある

ということで私立高校ならテストで点数を取りさえすれば合格することができます。

しかし、当然ですがテストで合格点を取れる学力をつけておく必要があります

学校に通わない中でも、少なくとも学校の授業と同じスピードで自習をし、知識をつけておかなければいけません。もし勉強もサボってしまうと、進学できる高校が本当に絞られてしまいます。

管理人
管理人
お子様はできていますか?

学校に通わなくても勉強で遅れを取らない勉強法について下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら