内申点

高校受験に内申点はどう影響する?高校入試の制度を知ろう

内申点

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

高校受験において内申点が非常に重要なのはほとんどの方が知っているでしょう。

しかし、具体的に内申点が高校受験にどのよう影響しているかは知っていますか?

内申点は公立高校の一般入試や私立高校の推薦入試などで使われるのですが、それぞれ内申点の使われ方や入試における重要性は大きく異なります。

そして、志望校に少しでも楽に合格するためにはそういった高校入試の制度を知っておく必要があります。

そこで今回は

  • 内申点が影響する高校受験の種類
  • 入試の種類ごとの内申点の扱われ方
  • それぞれの入試での内申点の重要性

についてお話しします。

管理人
管理人
受験を迎えるにあたって、どれも必ず知っておいて欲しいことです!ぜひ一度目を通して確認してみて下さいね!

入試制度は地域や高校によって異なります。この記事では一般的なことをお話ししますので、詳しくはご自身でお調べください!

内申点が使われる入試の種類

内申点は主に次のような入試で使われることが多いです。

  • 公立の一般入試
  • 公立の推薦入試
  • 私立の推薦入試
  • 私立の併願優遇

一般入試と推薦入試とは?

  • 一般入試:テストを受けて合否が出る入試。普通はこっち。
  • 推薦入試:小論文、面接や内申点などで合否が出る入試。

これを見てわかるのは、私立の一般入試以外では全て内申点が使われるということです。

管理人
管理人
しかも、私立の併願優遇では内申点が使われることがあるので、私立の一般入試も全く関係ないとは言えません

ほぼ全ての入試に内申点は影響があります。「高校受験では内申点が命」と言われる所以はそこにあります。

管理人
管理人
内申点からは逃げられません。。。

それぞれの入試での内申点がどのように合否に関わってくるかは大きく入試の種類によって違います。そこで、この記事の残りではそれぞれの入試における内申点の使われ方を見ていきます。

公立の一般入試での内申点

公立高校の一般入試では、内申点とテストの点数を合算する方式で合否が決定されます。

つまり東京都を例に出すと

内申点(300点)+テストの点数(700点)
=合計点(1000点満点)

この合計点によって合否が決まるという制度です。

東京都では合計点の3割を内申点が占めますが、他の都道府県でも3割ぐらいが多いです。

そのため公立高校入試において内申点は重要です。

公立高校の一般入試では、内申点は合計点の3割を占めるので重要!

ただ、公立高校での内申点は使われ方が複雑なので注意が必要です。

内申点の計算方法は都道府県によって様々

内申点は調査書点という形に変換されるのですが、この変換方法(計算方法)は都道府県によって様々です。

また、同じ都道府県でも高校によって計算方法が異なることもあります。

例えば。。。

東京都は中3の2学期の成績だけが考慮され、実技教科の内申が2倍されて計算されます。

埼玉県は1、2,3年生の成績が合計され、中学校での生活の様子も点数に入ります。

管理人
管理人
地域や高校によって、計算の方法は大きく異なってきます。必ず調べるようにしてくださいね!

1,2年生の成績も考慮される

地域によっては、1,2年生の内申点も受験で考慮されます。

「3年生から勉強を頑張ってもらって、良い成績を取ってもらえばいいや」などと考えていると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

1,2,3年生の成績が合計される地域では、3年生だけ頑張っても1,2年生の成績が悪ければ合計点は伸びません。1年生から手を抜かずに対策をしていく必要があります。

管理人
管理人
きちんと地域の情報を調べて、必要に応じて1,2年生から良い成績が取れるように努力しましょう。

推薦入試(公立・私立)での内申点

推薦入試は公立・私立高校ともに同じような扱いです。

推薦入試では内申点と小論文や面接の点数を合計した値で合否が決められることが多いです。

つまり

内申点+小論文の点数+面接の点数

で合否が決まります。

比率は高校に依りますが内申点が50%ほどを占めることが多く、最も内申点が重要な入試となります

推薦入試は内申点が非常に重要!

そのため、相当内申点が高くないとそもそも受験しない子が多いです。

管理人
管理人
私立ではそもそも基準の内申を越えていないと受けることすらできないです。

私立の一般入試での内申点

私立の一般入試では内申点が使われることはなく、純粋に当日のテストの点数だけで合否が決まります

ただし、単願優遇や併願優遇を受ける場合には内申点が基準を超えることが条件になっていることもあります。

この記事では詳しく単願、併願には触れませんが、私立の併願優遇を利用する方は多いと思うので気になる方はぜひ一度調べてみて下さい。

私立の一般入試では内申点は関係ないが、単願・併願を取るときには重要になってくる。

管理人
管理人
まとめると、どの入試でも内申点は大きく関係してくるということですね。

まとめ

今回は内申点の高校受験に関係についてお話をしました。

内申点がどのように高校受験に影響してくるか分かっていただけたでしょうか?

内申点は受験に大きく影響し大切なものでが、どのように受験の合否判定に使われるかは、地域や高校によって大きく異なります。

できるだけ早い段階でお住みの地域の公立高校入試の情報や志望校の内申点の扱いを調べておきましょう。

管理人
管理人
地域の公立高校の入試については教育委員会のHP、高校ごとの入試情報については高校の公式HPを見ましょう。

また内申点はこれほど高校受験への影響が大きいので、少し上げるだけで目指せる高校のレベルが大きく変わってきます

勉強の習慣を改善することで内申点を上げることは可能です。私が家庭教師として生徒の内申を100%上げてきた方法は下の記事でまとめています。ぜひ参考にして次のテストからの内申アップを目指してみて下さい!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

生徒の成績を100%上げる家庭教師の秘訣

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも意外と誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。

家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!