定期テスト

定期テストはできないけど模試はできる子、その逆の子の理由と解決法

定期テストはできるけど模試はできない

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

「うちの子は定期テストはできるけど、模試はできない。なぜかそうなるかわからない」
「うちの子は逆に定期テストの成績が悪いけど、模試ができる子がいるのが不思議」

こういった相談をいただくことがあります。

定期テストと模試。2つの学力を測る試験の結果が異なる子は多いのではないでしょうか。

2つのテストで差が生まれるのは、定期テストと模試では違った学力が必要とされるからです。

定期テストと模試の違いを知り、お子様の結果を分析することで、どうしてそのような結果の違いが生まれているかが分かるはずです。

そこで今回は、定期テストの良いけど模試は悪い子、模試は良いけど模試は悪い子の原因と解決法についてお話しします。

管理人
管理人
定期テストと模試、どちらも大切ですが2つの成績に大きな差があることはよくあることです。どうして差があるのかを知り、成績を上げる方法をお教えします!

定期テストと模試の違い

定期テストは授業で教えた範囲を自分で定着させたかを調べる「確認テスト」なのに対し、模試は純粋な学力を調べる「実力テスト」です。

テストの目的が違うため、問題の難易度や必要な力、勉強法が違ってきます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

定期テスト

定期テストは授業内容をテストまでにしっかり勉強したかを「確認」するテストです。

そのため、テストでは限られた出題範囲簡単めな問題がまんべんなくで出題されます。教科書に載っている端から端までといった感じですね。

ですから定期テストで高得点を取る子は、試験前に基礎をくまなく勉強できている子になってきます。

模試

模試は現時点の全般的な学力、つまり「実力」を計るテストです。

模試では広い範囲で定期テストより発展的な内容が出題されます。範囲が広い分、隅の方まで聞いてくることはないので自分の勉強したところが出題されればいい点数を取れます。

また模試は時間制限も厳しくなってくるので、早く正確に解く技術も求められることになります。

そのため模試で高得点を取るのは、発展問題に対応できる頭の良さがある子これまでの学習した全範囲での知識がある子になってきます。

管理人
管理人
このような違いを押さえつつ、どうして片方のテストでは悪い結果になってしまうのかを考えていきましょう。

定期テストの成績は良いけど模試の結果が悪い子の原因と解決策

原因

定期テストは良いけど模試は悪い子の原因は、前に定期テスト対策で学んだ範囲を忘れてしまっていることが多いです。

定期テストでは良い点数が取れているということは、テスト前には該当範囲の知識がきっちりとついていたということです。

しかし、模試は1年生からこれまで学んだ全範囲から出題されるので学んだ内容を忘れてしまっていると解けません

管理人
管理人
忘れてしまっている子の方が多いと思います。

解決策

これまでの学習範囲の総復習をしましょう。

一度勉強できている子は少しやれば簡単に知識をつけられるので、空いている時間を復習に充ててみてください。

総復習のやり方については総復習で学力アップ!そのやり方をプロが解説!でお話ししています。

定期テストの成績は悪いけど模試の結果が良い子の理由と解決策

原因

模試は良いけど定期テストは悪い子の原因は、試験前の勉強不足です。

模試で良い点数が取れる子は頭は良いです。しかし、テスト前の勉強をサボっていたり、勉強量が足りていなかったりすると定期テストでは良い点数を取ることはできません。

解決策

定期テストの点数が悪い場合は定期テスト対策を1から見直しましょう。

定期テスト対策はただ沢山勉強すれば良いという訳ではなく、隅から隅まで覚えないといけないので意外と難しいです。

誰でも真似るだけ!定期テストの点数アッププログラムで今の勉強法を見直して点数を上げる方法を解説しているのでぜひ読んでみて下さい。

管理人
管理人
自分では気づきにくく、「勉強しているつもりなのに。。。」という子も多いです。記事も参考にして見直してみて下さい。

定期テストが悪くても模試が良ければいいんじゃないの?

でも、模試の結果が良ければ受験は大丈夫じゃないの?

「受験に近いテストが模試だから模試で良い点数が取れれば良い」

こういった考え方を持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、高校受験では定期テストでも良い点数を取らなければいけない2つの理由があります。

1つ目は内申点です。

定期テストの結果で決まる内申点は公立高校を受ける場合に合格点の3割ほどを占めます。公立高校への進学を考えている場合にはできるだけ高い内申点を取っておきましょう。

2つ目は基礎学力の定着です。

基礎をまんべんなく勉強できている子の方が受験終盤では伸びてきます。定期テストで点数を取れていない子は、雑に勉強をして覚え忘れも多いので受験終盤で苦労します。

ですので、できれば定期テストでも高得点を取れるようにしてみて欲しいと思います。

高校受験での定期テストの重要性については定期テストで高校受験が決まる理由でお話ししているので、詳しくはそちらをご覧ください。

アザラシ塾の定期テスト対策講座

定期テスト対策講座

志望校には内申点が足りないけど、これ以上子供に何をさせればいいか分からない?

家庭教師としてこれまで生徒の定期テストの点数と内申点を上げることに100%成功してきた管理人が、定期テストに向けた勉強のやり方を1から解説

言われた通りに勉強のやり方を見直すことで次のテストから大きく点数を上げることができるでしょう。

まとめ

今回は、定期テストの結果は良いけど模試の結果が悪い子の理由とやるべきこと、その逆の子の理由とやるべきことをお話ししました。まとめると

  • テストができて模試ができない子は1年生や2年生の内容を忘れている
  • テストができなくて模試ができる子はテスト勉強が足りていない

ということでした。お子様がどうして片方だけ成績が良いのか分かってもらえましたか?

正確に分析をして、やるべき勉強をすることで効率良く成績をあげることができます。

このブログでは他にも様々な中学生の勉強や高校受験に関する情報を発信しているので是非他の記事も見てみてくださいね!

他の”定期テスト”の記事はこちら!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験合格の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら