管理人のブログ

よくある質問

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

このブログを通して保護者の皆様から寄せられたよくある質問を紹介します。

中学での勉強について

Q.内申点が足りない

A.テスト勉強のやり方を見直しましょう。

多くの場合では、内申点が足りない=定期テストの点数が低いということです。

そのため今以上に内申点を上げたいときには、今まで以上に定期テスト勉強に力を入れることになります。

ぜひこれまでのテスト勉強のやり方を見直してみてください。お子様のテスト勉強の見直し方や正しい方法は今回の定期テストの反省をしよう!お子様の何が悪かったのかを教えますで紹介しています。

内申点
内申点を5上げる!私が生徒の内申点を上げた3つの方法を全て紹介中学校の内申点の上げ方をまとめて紹介します。家庭教師として多くの中学生を指導し、内申点を上げてきた私の方法を包み隠さず全てお話しします!簡単に、短期間で内申点を上げることができます。...

Q.教科ごとの勉強法を知りたい

A.それぞれの解説しているのでそちらの記事をご覧ください。

国数英理社の5教科と残りの副教科(実技教科)の勉強法はそれぞれこちらの記事で紹介しています。そちらをご覧ください。

Q.1年生からついていけていない。

A.少しづつ、コツコツと勉強していくしかありません。

1年生の最初の方から授業内容についていけず、定期テストの点数も悪い子は勉強が苦手かもしれません。理解する力が低いこともあるでしょう。

そういった子は、他の子よりも時間をかけて1つ1つコツコツと勉強を進めていきましょう

遅れていると焦ってしまってゆっくりと勉強できませんよね。しかしそれは逆効果で、遅れている子ほどゆっくりと勉強しなければいけません。

焦って雑に勉強してしまうと何も身につかずに終わってしまいます。それよりは時間をかけても少しでも理解できることを増やしていきましょう。

下手に塾に通っても塾の授業も理解できないでしょう。それよりは、個別指導塾進研ゼミの方がおススメです。

Q.勉強しても知識が定着しない

A.覚えやすさは個人差があります。少しづつでも知識を増やしていくしかありません。

私が紹介しているように問題集を繰り返し解いても、子供に知識がなかなか身につかないというご相談です。

覚える能力には大きな個人差があります。問題集を2周すれば90%以上覚えられる子もいれば、3周しても半分も覚えられない子もいます。

いつも私が問題集を4周解こうと言っているのはあくまで目安です。正しくは、「解けるようになるまで何周でも」解かなければいけません。

でもこれまでの勉強法から問題集を数周解くやり方に変えてみて、点数に変化はありませんか?少なくともこれまでの勉強法よりは効率よく勉強できているはずなので、少しは点数が上がっているはずです。

勉強のやり方は良くなってきています。もう少し点数が欲しいのならもう少し勉強するしかありません。

《必見》時間を無駄にしているかも?問題集の正しい解き方勉強をしているのにお子様の成績が上がらない。。。というお悩みをお持ちの方は沢山おられます。 どうしてあんなに机に向かっているのに、...

Q.勉強の計画が立てられない

A.塾や通信教育を利用するのが現実的です。

毎日何を勉強すれば良いのか決められないというご相談です。

このブログでもいくつかの記事で勉強の計画を立て方を紹介していますが、ご両親が高校受験までを見据えた勉強計画を立てるのは難しく、現実的ではありません。

それよりは、塾や通信教育を契約して「与えられた宿題をこなす」という形にした方が良いでしょう。通信教育は月6000円ほどから始められるので特におススメです。

親の悩み
【プロが教える】中学生の通信教育の比較と子供に合った選び方進研ゼミ、Z会、スマイルゼミ。3つの中学生のための通信教育を比較して、どれがお子様に合っているかを解説します。どの通信教育を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!...
プロが教える高校受験の勉強法:子供に合ったスケジュールの立て方 子供は部活や遊びに夢中でいたとしても、親としては1番気がかりなのが高校受験ですよね。 いつから勉強を始めるべきなのか?...

塾について

Q.塾に通わせてるのに結果が出ない(塾が悪いの?)

A.まずお子様の勉強の様子を見直してみましょう。

塾に通わせているのに全く成績が上がらない(むしろ悪くなる)。子供のやり方が悪いのか、塾を変えたほうが良いのかどうすれば良いのか教えて欲しいというご質問です。同じような質問を非常によく頂きます。

結論から言うと、お子様の勉強のやり方に問題があることが多いです。特に地元の大手塾に通っている場合は「塾の教え方が悪い」ということはあまりありません。高校受験では通っている塾の差は大きくありません。なので、別の塾に移ったから成績が上がり始めるということはないでしょう。

塾に通っても成績が全然上がらない子の原因は

  • 塾の授業が全く理解できていない
  • 塾に入ってるけど授業を聞いていない
  • 宿題をやっていない

などがほとんどです。塾の言われた通りに勉強していればそこそこの学力はつくはずです。

塾を変えることで心機一転勉強を頑張れるようになるということもありますが、塾を変えるのは手間も時間もお金もかかります。まずはお子様の勉強の様子を確認してみましょう。

高校
「塾に通わせれば成績は上がる」は大間違い。その理由と解決法塾に通わせても成績が上がらないことはありませんか?塾に通わせているのに成績が上がらない子には理由があります。この記事では塾講師の管理人がその理由と、どうすれば成績が上がるのかをお教えします。...
定期テスト
平均点以下の子は塾に通う必要はありません!その理由とやるべきこと「子供が学校の定期テストで良い点数を取れない」という悩みを持たれる方は非常に多いです。半分以上の子は平均点を取れないので当然ですね。 ...

Q.塾と中学の言っていることのどっちを信じればいいの?

A.どっちの言い分もよく聞いて欲しいですが、合否の予想は塾の方が正しいです。

高校受験の志望校決めにおいて、中学の担任の先生と塾の先生とで言っていることが違っていて困惑してしまっているとのご相談です。

中学の担任の先生は

  • お子様の定期テストの点数
  • 中学でのこれまでの経験

から志望校に受かりそうかを判断します。

それに対し、塾の先生は

  • 定期テストの点数
  • 塾での指導経験
  • 模試の結果

などから受かりそうかを判断します。判断材料が塾の方が多い分、志望校に受かるかどうかも塾の方が正確に分かります

「受験に受かるかどうか」ということに関しては塾の専門なので塾の意見の方が参考になります。ただし、「お子様に向いている高校」だとかはお子様をよく見ている学校の先生の方が参考になるでしょう。どちらの意見もよく聞いて参考にして頂ければと思います。

Q.塾のクラス、上と下のどっちがいいの?

A.どちらも一長一短です。お子様の性格と目指す高校のレベルから判断しましょう。

学力的に塾の上のクラスと下のクラスのちょうど真ん中にいてクラスを選べる。どちらが良いのか教えて欲しいというご質問です。

塾のクラスを選ぶうえで考えて欲しいポイントは次の2つです。

  • お子様の性格
  • 目指す高校のレベル

まずお子様の性格ですが、

  • コツコツマイペースタイプ
  • 切磋琢磨、競争タイプ

大きくこのどちらであるかでお勧めは変わってきます。

下のクラスから上のクラスに入ると上のクラスではビリから始まります。授業内容の難しさも、宿題の量も増え、一度勉強のリズムを大きく崩すことになります。

周りの子と競い合って頑張れる負けん気が強い子はそういった環境で良く伸びるので上のクラスがおススメです。

しかし、マイペースに勉強をしていく子は一度リズムを崩すとその後に大きな影響が出るので下のクラスのままの方がおススメです。

もう1つ考えて欲しいのは、クラスごとの合格実績です。目指している高校が下のクラスの授業でも十分に目指せるレベルなら下のクラスのままで良いと思いますが、上のクラスの人しか合格していない様であれば無理してでも上のクラスに入るしかありません。

高校受験について

Q.私立、公立に特化した勉強は必要?

A.必要ありません。公立のための勉強をしていれば私立も受かります。

私立も公立も受けるが、私立に特化した勉強をする必要はあるのかというご質問です。

たぶん、私立入試と公立入試は制度が違うので私立対策をしなければいけないと思われたのでしょう。

しかしその必要はありません。ほとんどの子は公立高校を目指して勉強をする上で私立もついでに受けるといった感じです。私立しか受けないと決めている子は3教科に絞った勉強をしますが、その数はそんなに多いわけではありません。

私立も公立も受ける子でも基本は公立対策、つまり5教科の勉強をしていきましょう。

Q.偏差値が足りない

A.こちらの記事をご覧ください。

【中学生】短期間で高校受験の偏差値を5上げる2つの方法中学生の高校受験の偏差値を短期間で上げる方法を紹介します。偏差値70越え、そして生徒の偏差値を上げてきた経験に基づく方法です。実践することで短期間で偏差値を5上げることができます。...

勉強習慣について

Q.子供がやる気を出さない。どうすればいいか。

A.やる気を無理に出させることはできません。期待しすぎということもあります。

子供がやる気を出さないというのは非常に難しい問題です。ご両親がやれることは、やる気を出させるきっかけづくりぐらいしかありません。

勉強のやる気がある子は

  • 行きたい高校がある
  • 勉強したくないけどしなければいけないことが分かってる

といった子がほとんどなので

  • 進学する高校を考えさせてみる(文化祭や学校説明会も行ってみましょう)
  • 勉強しなければいけない理由を考えてもらう

ぐらいしかやれることはありません。

また、親が子供にやる気を出すことを期待し過ぎということもあります。全く勉強しないのはまずいですが、塾も通ってそこそこに勉強しているのならそれで十分だと思います。別に高校受験は皆が「あの高校に絶対行きたい!脇目も振らずに頑張るぞ!」といった感じでは決してありません。

ほとんどの子は

  • 何となく塾に行って
  • 何となく勉強して
  • 入れる高校に入ります

お子様もそれぐらいでも良いのではないでしょうか。

受験生の親必見!子供に高校受験勉強のやる気を持ってもらう方法高校受験が近づいてきてるのにやる気を出さない子に自ら勉強させる方法を解説します。家庭教師として多くの子をこのやり方で勉強させてきました。...

Q.部活で子供が手一杯。勉強は大丈夫か心配。

A.全く勉強をやらないのは大丈夫ではありません。少しづつでも勉強をできるようにしましょう。

お子様が忙しい部活に入っていて、部活の拘束時間が長い。しかもくたくたになって帰ってくるので勉強ができていないというご質問です。

全く勉強ができていないのはまずいです。そのままだと、部活を引退してから頑張っても高校受験には間に合いません

体力的にはきついと思うのですが、「切り替え」を意識して短時間で良いので集中して勉強する習慣をつけていきましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

部活
忙しい部活と勉強を両立させながら高校受験を乗り越える秘訣部活で忙しい子供に勉強を両立させる方法を1から解説します。週7回の部活で最難関校に合格した方法を、誰でも実践できるように紹介します。...

Q.勉強時間を知りたい

A.こちらの記事をご覧ください。

勉強時間
【中間期末】定期テスト前の勉強時間は?点数別の勉強時間の目安「うちの子は皆より勉強できているの?」この記事では、家庭教師の経験から中学生の定期テスト前の勉強時間の平均と理想をお教えします。...
スケジュール
家庭教師が教える中学生の理想の勉強時間とは?時間よりも集中力が大切!多くの中学生を指導してきた家庭教師の管理人が、中学生の平均的な勉強時間と理想の勉強時間、勉強時間以外に成績を上げるために変えるべきものを解説します。...
ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!