定期テスト

【プロが1から教える】中間テストで高得点を取れる勉強法【やってみよう】

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

非常に重要な意味を持つ中間テスト。大切だと聞いているのでぜひとも高い点数を取って欲しいところですよね。

中間テストは難しいテストではありませんから、正しく勉強すれば高得点を取れるテスト。でも”正しく勉強する”というのは難しいものです。

子供は勉強してはいるけど、初めての子で定期テストの経験も浅いので今の勉強で良いのか心配という方も多いのではないでしょうか?

中間テストは正しい勉強法に変えるだけで簡単に点数を上げることができるテストであり、私は家庭教師としてこれまで100%生徒の点数を上げることに成功しています。

そこで今回は、中間テストで高得点を取るための勉強の進め方を1から解説します。

この記事を読み、記事の通りにお子様に勉強をしてもらえば確実に次のテストから点数を上げられるはずです。

管理人
管理人
分かりやすくお教えしますよ!

中間テストの勉強法

用意するもの

定期テスト勉強をするにあたり、用意して欲しいものは

  • 各教科、1冊の問題集

です。基本的には1教科1冊。学校から配られたものがあればそれで構いません。

学校から配られたものがない場合は、書店で適当なものを購入してください。私のお勧めはこちらで紹介しています。

勉強を始める時期を決める

テスト勉強を始める時期の目安は、2週間~1カ月前400点以上を取りたいのなら、3週間以上前に始めましょう。

下のグラフは、このブログの読者様を対象にしたアンケートの結果です。

一般的に、テスト勉強を始めるのは2週間前と言われていますが400点以上を取っている子は半分以上が3週間前には勉強を始めています

1日の勉強時間は?

1日の勉強時間の目安は、平日2時間・休日5時間です。

アンケート結果では、400点以上を取っている子は平均して平日2時間、休日5時間以上勉強しています。(部活がない日

平均して平日2時間・休日5時間は勉強しましょう。もちろんもっと勉強できるなら頑張った方が高得点は取りやすくなります。

管理人
管理人
何と言っても勉強時間は重要。高得点を取るためには、最低限これくらいは勉強しなければいけません。

中間テスト勉強の進め方

中間テスト勉強でやるべきことは、問題集を3回以上解くこと。これだけで大丈夫です。

私はこれまで多くの中学生を教え、100%点数を上げてきましたが、生徒に基本的にやらせたことはこれだけです。

多くの中学生を見てきましたが、1冊の問題集を3回も解く子はいません。お子様も3回は解けていないのではないでしょうか。

管理人
管理人
高得点を取るポイントは、何と言っても1冊を3回解くこと。2回解いていたところを3回にするだけで点数は劇的に上がります!

正しく問題集を解こう

お子様は正しく問題集を解けていますか?問題を解いて、丸付けをして終わりではないでしょうか?

問題集は、問題を解いた後、間違い直しと解説を読む(聞く)ことに時間をかけなければいけません

もし問題を解いているだけなら、必ず解いた問題の解説に時間をかけるようにしましょう。

中間テスト勉強を進める目安

これまで話したことをまとめると、中間テスト勉強は

  • 3週間~1カ月前から
  • 平日2時間・休日5時間
  • 各教科問題集を3周解く

をすれば良いということになります。

それをまとめたのがこの図です。

中間テスト対策のスケジュールとしては、中間テスト10日前までに問題集を1周。3日前までに2周。残りの期間で1周となります。

もちろんこれは目安なので、お子様に合った計画を立てることでさらにスムーズに勉強を進めて、高得点を取ることができます。お子様に合った計画の立て方を詳しく知りたい方は、こちらで解説してます。

管理人
管理人
中間テストの勉強法は分かりましたか? さらに知りたい方はこちらの講座も見てみて下さいね!

中間テストとは?

初めての方にも向けて、中間テストについて少しおさらいをしましょう。

中間テストの時期

中間テストは各学期の真ん中に行われる試験で、1学期は5月中旬、2学期は10月中旬あたりに行われることが多いです。

3学期は学年末テストとして、中間テストが行われずに期末テストのみが行われる中学が多いと聞きます。

中間テストの結果

中間テストの結果は、期末テストの結果と合わせて各学期の成績を決定します。

体感的には、主要5教科の成績は中間テストと期末テストの点数で決まると思ってもらって構いません。

各教科の成績は公立高校受験の合格判定に使われます。つまり、中間テストの結果は高校受験の合否を左右するということです。

管理人
管理人
何度も何度もあるテストなので軽く思われがちですが、全てが非常に重要なテストです。

中間テストで高得点が取れると

中間テストで高得点が取れると、高校受験まで順調に終えることができます。

これは私の指導経験からも明らかで、中間テストが高校受験のカギと言えます。それは2つの理由があるからです。

中間テスト勉強で学力がつく

1年間の中で、1番学力がつくのが中間テスト勉強です。定期テスト前に集中して勉強することではじめて十分な学力がつき、ここでつけた学力が高校受験勉強の基礎になります。

高得点を取れるということは、十分な学力をつけられたということ。十分な学力をこの段階でつけられれば、その後の高校受験も順調に進みます。

内申点(成績)が高校受験の合否を決める

中間テストの点数によって決まる内申点は、高校受験の合否を左右します

公立高校入試では、合否は内申点と当日のテストの合計により決まります。その中で内申点が占める割合は3割。(の高校が多い)非常に大きな割合です。

中間テストの点数が良いと内申点が良くなり、入試を受ける前から大きなリードを得ることができます。そのような理由から高校受験が順調に運ぶわけです。

管理人
管理人
こういった理由で、中間テストの点数が良い子は高校受験も上手くいきます!生徒を見ていてもすごく感じます!

まとめ

今回は中間テストの勉強法についてお話ししました。

  • 3週間~1カ月前から
  • 平日2時間・休日5時間
  • 各教科問題集を3周解く
  • 勉強計画を立てよう!
  • 中間テストが上手くいくと高校受験も上手くいく

どのように中間テスト勉強をすればいいか分かってもらえましたか?

さらに詳しくテスト勉強のやり方を知りたい、お子様に合った勉強計画の立て方を知りたいという方はアザラシ塾式定期テスト対策法で詳しく解説しています。私が家庭教師としてこれまで生徒のテストの点数を上げてきた方法の全てを解説しています。

中間テストで高得点を取るためには、テスト前だけでなく普段からしっかりと勉強することも大切です。毎日の勉強の進め方については下の記事で解説しているのでぜひ参考にしてみて下さいね!

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!