高校受験勉強法

数学の高校受験の勉強法:高得点を取れるコツとやり方を解説

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

高校受験における数学はなかなか厄介な教科です。苦手な子は全く点数が取れず、勉強すること自体が苦痛で他の教科の勉強ばかりしてしまうことも。

数学は生まれつきの頭の良さで決まるから、半ば諦めてしまっている方もいることでしょう。

その考えは今すぐ捨ててください。中学レベルの数学は頭の良さよりも

管理人
管理人
これまでたくさんの子に授業を行ってきましたが、みんな数学の勉強の仕方が非常に悪いです。ちゃんとしたやり方に変えるだけで簡単に成績が上がります。

そこで今回は、実際に私が家庭教師として生徒にも実践させている、高校受験の数学の勉強法を紹介します。

うちの子は数学はあと少しで良いからどうにかならないかしら?

そう思っている方はこれから私がお話しするやり方を実践させてみてください。必ず点数が上がるはずです。

数学の高校受験対策のやり方

まずは1冊の問題集を何周も解こう

高校受験に向けて、数学でやるべきことは

1冊の問題集を何度も解くこと

です。

高校入試に向けて発展問題を解けるように色々やらなければいけないと思うかもしれませんが、大切なのは

1冊の同じ問題を覚えるまで何度も解くこと

です。

管理人
管理人
高校入試までに、1冊の問題集を3~4回解いて全ての問題の解き方を覚えられるくらい解きなおしましょう!

どうして同じ問題を解くの?

1度解いたことのある問題を解いて効果はあるの?

管理人
管理人
1番効果のある方法です!

何度も同じ問題を解く理由は

解き方を丸々覚えて欲しいから

です。

数学は数個の公式を覚えるだけで、残りは頭を使って勝負!というイメージがあると思います。しかし、実際はそうではありません。

数学は暗記科目です

数学の入試問題では絶対に「どこかで解いたことのある問題」が出題されます。問題集を探せば、似た問題が出てきます。

その似た問題の解き方を覚えていれば、入試問題も解くことができます。覚えていなければ解けません。ただそれだけの科目です。

そのため、逆に覚えるまで同じ問題を繰り返し解かないと意味がないんです!数学ができる子は必ず多くの問題の解き方を丸々覚えています。

管理人
管理人

私の授業では、問題を覚えられるようになるまで何度も何度も解かせています。生徒は大体3~4回解かないと覚えられないことが多いですね。覚えられるまで繰り返し解かないと勉強する意味がないので、そこまでの手間をかけます。

4問解く時間があるのなら、1問を4回解かせます

使う問題集

使う問題集は基本的には、学校や塾から配られるものがあればそれで構いません。

使っている問題集があまりに簡単で、どの問題も楽に解ける自信があるのならこちらの記事で紹介している問題集の中からお子様のレベルに合ったものを使用してください。

1冊の問題集を解き終わったら過去問演習を始めよう

1冊の問題集を何周もして、学力がついてきたら

過去問演習を始めましょう

過去問演習は、実戦形式で「限られた時間で1点でも多く点を取る力」をつける練習です。

実際の入試問題は50~60分という限られた時間で解かなければいけないので、全ての問題に時間をかけることはできません。その分、時間配分だったり解く問題の取捨選択が重要となってきます。その練習をするのが過去問演習です。

管理人
管理人
また別に力をつけるための勉強になってきます!

過去問を解き始める時期は?

時期は勉強の進度によって大きく変わってきます。1,2年生から少しづつ先取りをしてきた子は夏休みから始めることもありますし、1月になってから始める子もいます。時期についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

高校受験の過去問はいつから解き始める?学力別の始める時期高校受験の過去問を解き始める時期はいつなのか?学力、志望校別に解き始める時期を紹介します。この時期から解き始めれば受験に間に合います。...

どの高校の過去問を解くの?

これも始める時期によります。

過去問演習を冬に始める子は時間がないので、志望校の過去問を簡単な順に解いていきましょう。

夏~秋ごろから始める子は、こちらの問題集を使って志望校以外の過去問を解いていきましょう。

過去問演習について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【プロが教える】高校入試の過去問演習の取り組み方過去問演習について知っとくべきことを全てまとめました。やり方1つで合格できるかが変わってくる大切な過去問演習、正しいやり方で合格をつかみましょう!...

数学の高校入試対策まとめ

  • まず1冊の問題集を何度も解いて、問題と解法を丸々覚える
  • 1冊が終わったら過去問演習に入ろう

管理人
管理人
どんな感じで勉強していけばいいか分かってもらえましたか?

数学の高校受験対策のポイント

管理人
管理人
勉強するうえで2つ意識しておいて欲しいポイントがあるので紹介しますね

問題と解法を覚えよう

1つ目のポイントは、「問題と解法を覚える」という意識を持つことです。

数学は解法を覚えることで新しい問題でも解けるようになるのですが、覚えようとする意識を持っていない子がほとんどです。

管理人
管理人
ただ解くよりも覚えようとして解いた方が当然覚えやすくなります。

「こういった問題は、こうやって解くんだ!覚えておこう!」と考えながら、問題を解くようにしましょう。

解説を聞いたり、質問をして理解する

2つ目のポイントは、分からない点は解説を聞いたり質問をして理解しようということです。

数学は難しい教科なので1人で勉強していると何個も分からないことが出てきます。

そういった分からない点を分からないままにしておくことは絶対にやめましょう
それでは学力は決して伸びません。

分からないことがあったら塾や学校の先生に質問をして解決するようにしましょう。質問をしづらい子は、スタディサプリを利用して解説の映像授業を受けるのもお勧めです。

管理人
管理人
とにかく分からないことをそのままにしていると勉強の効果が半減しちゃいます!必ず解決する癖をつけましょう!

まとめ

今回は実際に私が指導している数学の高校入試対策のやり方を紹介しました。

数学の高校入試対策をどのように行っていけばいいか分かってもらえましたか?

このように正しい勉強法で勉強することで、成績は上がっていきます。このブログでは他にも高校受験に関する様々な記事を紹介しているので気になることがある方は見てみてくださいね!

管理人
管理人
一緒に頑張りましょう!

高校受験 まとめ

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら