高校受験勉強法

受験のプロが高校受験の勉強方法を解説!学力別に今やるべきことは?

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

この記事のまとめ

お子様の学力別に、今、高校受験勉強として何をやるべきかをお教えします。

この記事を読むことでこれからの高校受験勉強でやるべきことを整理することができます

迫る高校受験。高校入試本番まではあっという間に過ぎてしまいます。そんな1秒も無駄にできない大切な期間だからこそ、子供には効率よく勉強をして欲しいと思われているのではないでしょうか?

ただ効率的に勉強をして欲しいと言っても勉強方法、つまり高校受験までに何をどのように勉強をすべきなのか分かりませんよね。

そこで今回は塾講師や家庭教師として多くの受験生を指導してきた私が、高校受験の勉強法をお教えします。

効率的に受験勉強を進めていくためには、学力が異なる一人一人に合った計画を立てる必要があります。この記事を読めば、お子様に合った勉強方法を知ることができますよ!

高校受験の勉強方法は2ステップ!

高校受験勉強は大きく分けて2つのステップに分けられます。

まずやるべきは3年間の復習です。それが終わって基礎的な力がついたら過去問などの演習に取り掛かります。

まずは復習から始めよう

最初にやるべきなのは、3年間の復習です。1年、2年、3年全ての範囲で基礎的な学力をつけておくことが何よりも大切です。

管理人
管理人
受験勉強と言うと難しい問題を解くイメージがあると思いますが、実は全範囲で基礎が理解できているかどうかが1番大切です。

そのため、受験勉強でまずやるべきは

忘れた範囲や苦手な範囲を勉強しなおす

ことになります。

基礎が身についたら演習を始めよう

復習によって基礎が身についたら

発展的な内容の勉強を始めましょう

難易度の高い問題集や過去問を使って発展的な内容の演習を行います。

大きく分けてこの2ステップが高校受験の勉強法になります。

基礎が身についてから(復習が終わってから)演習を始める!

高校受験勉強はまず復習から

では具体的に何をすべきなのか見ていきましょう。

まずやるべきはこれまでの範囲の復習です。

忘れている範囲や定期テスト勉強をサボってしまった範囲など基礎的な学力がついていない範囲があると思います。

そのような範囲をもう一度勉強しなおします。

目標は

3年間全ての範囲で「この範囲なら簡単な問題は全て解ける」
と思えるほど知識をつけることです。

こんな子はまず復習から

お子様は

  • 国数英理社の5教科の3年間の全ての内容で簡単な内容なら答えられる自信はありますか?
  • これまでの定期テストを受けなおして全てで70点以上を取れる自信はありますか?

もし無いのなら、まず復習をやりましょう。

管理人
管理人
特に1,2年生の理科社会は忘れている子が多いです。

復習すべき範囲

全体的に知識がないなら、3年間全ての範囲を全て復習して欲しいですがそれでは時間が足りない子も多いでしょう。

特に以下の範囲を重点的に復習しましょう。

  • 1,2年生の範囲で忘れがちな内容
  • 明らかに定期テストの点数が悪かった範囲

復習の方法

復習の方法は

これまで解いたことのある問題集をもう1度解きなおしましょう

これまで定期テスト勉強の際に解いたり、塾から宿題として解かされた問題集があると思います。同じ問題集をもう一度解きなおしましょう。

同じ問題集をもう一度解きなおす!

基本的には新たに問題集を買う必要はありません。

ただ、

  • あまりにも知識がなくて1から勉強しなおさなければいけない場合
  • 勉強が苦手でどんなに勉強しても理解できない場合

にはあとで紹介する教材がお勧めです。

復習が終わったら演習を始めよう

復習が終わって、全範囲で自信をつけることができたら演習を始めましょう。

演習では基礎問題よりも難しい発展問題を解くことになります。受験に向けて難しい問題を解く練習をしていこうということです。

ただ、こういった発展問題は基礎が身についていない事にはどんなに勉強しても身につくことはありません。

このピラミッドのように、一番土台の基礎学力がついていなければその上が積みあがることはありません。

何が言いたいかと言うと、なにより基礎を固めるのが大切と言うこと。基礎を固めてから演習に取り掛かりましょう

こんな子は演習に取り掛かろう

こんな子は演習に取り掛かりましょう。

  • 全範囲で基礎問題なら解ける自信がある子
  • 入試2カ月前でもう時間がない子

管理人
管理人
基礎学力をつけてから過去問に取り組むべきですが、受験まで時間がない子は演習を始めてしまうことはあります。

演習の方法

演習の方法は、基本的には

志望校の過去問を解きます

志望校の過去問を購入して簡単な順に解いていきます。過去問の解き方についてはこちらの記事で解説しているのでそちらをお読みください。

高校受験合格
プロが教える高校受験の過去問の正しい使い方【使い方で合否は変わる】過去問を買ったけど、どのように使えばいいか分からない方へ!家庭教師が、過去問の正しい使い方を1から教えます。使い方1つで合格できるかが変わってきますよ!...

管理人
管理人
スケジュール的に余裕のある子は、難易度が近い他の高校の過去問を解いたりもします。

高校受験の勉強法のコツ!

ここまで高校受験の勉強法を解説してきましたが、最後に一つ伝えたい大事なポイントがあります。

それは

焦らずにしっくりと基礎を固めること

周りの子は発展的な内容を解いているけど、うちの子だけ基礎の復習をしていていいの?

このように不安に思われる方も多いと思います。

確かに周りの子がバンバン過去問を解いたり、発展的な内容を扱う授業を受けている中ではうちの子もやらなきゃという気分になりますよね。

しかし、

基礎が身についていない状態で発展問題を解いても何も身につきません

つまり焦って周りの子に合わせても学力は全く伸びないということです。

そのため、結果的には

基礎の復習をした方が学力は伸びます

管理人
管理人
特に塾に通っている子は、塾のカリキュラムに合わせて十分な学力がないのに発展的な内容を勉強しがちです。そういった子に合わせる必要はありません。基礎を地道に勉強していればいつの間にか抜かしています。

とにかく焦らずに基礎を完成させましょう。

基礎を身につけるためには

もともとある程度しっかり勉強していた子は問題集を解きなおすだけで十分です。

ただ、

  • 1,2年生の時にサボっていた
  • あまりに苦手で自分の力では理解できない

といった範囲は問題集を解くこともできないでしょう。

しかし、何度も言うように最低でも基礎問題はどの範囲でも解けるようにしなければいけません。

そんな子におススメの教材が2つあります。

1つ目は、スタディサプリです。これはスマホやパソコンで映像授業をいつでも受けられるというサービスです。苦手な範囲でも、分かりやすく解説される授業を見ることで簡単に理解することができます。

スタディサプリってどうなの?家庭教師が勧める成績を上げる上手い使い方最近、スタディサプリというオンライン学習サービスが話題になっています。LINEで相談してくださる方の中にも、スタディサプリについていくつ...

 

2つ目は、今さら聞けない超基礎シリーズという教材です。

これは本当に勉強が苦手な子やこれまで勉強を全くやってこなかった子向けに基礎の基礎から解説を行う教材です。映像授業と問題集がセットになっています。
通知表で1や2を取っている子向けの教材ですので、3以上の子は購入する必要はありません。

ここまで基礎から解説している教材は他にはないので、お子様が基礎の基礎から分かっていなさそうなら十分な価値のある教材だと思います。

詳しくはこちらから

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら