管理人のブログ

塾の先生って本当は何を考えているの?塾講師の本音をお教えします

高校

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

思いついたときに適当に書く管理人のブログ第3弾は塾の先生の本音についてです。

よく「塾の先生にとっては毎年受験だから~」とか「授業は仕事だから~」みたいなことが言われているの耳にします。

確かに塾で生徒に教えるのは仕事だからです。でもみんなが考える「塾の先生ってこういうこと思ってそう~」ってことと実際に思っていることは違うように感じます。

そこで今回は塾講師、塾の先生の本音をお話ししたいと思います。

私は塾でも働きましたし、家庭教師としても働きました。私が思っていることなので、違ったことを考えている方もいるかもしれませんが大体は同じように考えていると思います

塾講師はいい人が多い

まず最初に言っておきたいのは、塾で先生をやっている人は基本的にいい人が多いです。

なので仕事ということを超えて生徒の勉強をサポートしようとします。

何でいい人が多いかっていうと、

塾講師はあまりいい仕事ではないからです。

塾講師はいい仕事ではない

塾の先生の仕事は、仕事が多いうえに薄給というのが現状です。

例えばバイトの大学生を考えてみましょう

時給は1500円ぐらいが多いです。高く見えますが、時給は授業時間にしか発生しません。授業の結構前に塾に来て準備を始め、授業後は質問を受け付けたり報告書を作成したりします。授業内のテストの採点などもやらなければいけないこともあります。

授業時間外の拘束時間が多く、実質の時給は半分以下になります。コンビニでバイトしたほうが何倍もいいですね。

これはバイトの場合ですが、社員も労働環境が良いとは言えません。

そんな中、塾講師の仕事を続けるのは生徒のことが好きで、教えるのが好きだからです。だから全く利益がないことも生徒のためならやる人も多いです。いい人が多いと思います、本当に。

塾講師、塾の先生の本音

さて塾の先生は良い人が多いということを知ってもらったうえで、本題に入っていきましょう。よく言われがちなことについて触れていこうと思います。

塾の先生は生徒のことを結構考えてる

「先生は授業をやることが仕事。生徒のこととか成績は興味ない」みたいに思う方もいられるかもしれませんが、それはありません。塾の先生は生徒の成績が上がることを望んでいますし、生徒のことを結構考えてます。

もちろん生徒に冷たく淡々と授業をやって終わったらすぐ帰るみたいなこともやれるんですが、そんなに意識が低いようではこの仕事は続きません。皆生徒のことが好きで、教えるのが好きなんでやっている人が多いです。

一見冷たそうに見える人でも、ちゃんと生徒のことを考えてます。(そう見えてしまうのはその人の個性です。)

毎年の事でも生徒の受験は大切

塾講師にとって受験は毎年のことですが、毎年生徒の結果を聞いて一喜一憂しています。

受験の前からどうすれば生徒にとって一番いい選択をできるか、どうしたら合格できるかを考えています。

もちろん塾として合格実績が必要ということもありますが、それ以上に、何年も教えてきた子が志望校に合格して欲しいという気持ちがあります。受験日や発表の日などはそわそわしてしまいますね。

仕事という意味以上に、生徒の受験は塾の先生にとって大切なものです

やる気があって質問してくる子は好き

「先生に沢山質問したら面倒くさいやつだと思われるかも」と感じている子もいるかもしれませんが、質問は大歓迎です。塾の先生はやる気がある子が好きです。

質問をされて、「面倒だな」と感じる人は少ないです。それより、「やる気があっていいな」とか「こんなにやる気があるなら絶対に学力を上げてやろう」とか感じる人が多いです。

なので遠慮せずに質問しましょう。問題だけでなく、何か勉強のことで悩んでいたら質問しましょう。快く答えてくれるはずです。(何時間も質問されると仕事に影響があるので、ある程度自分で考えてから質問してくださいね)

逆に嫌な事とは?

ここまでのことを見ると塾の先生が聖人のように思えてきますが、やっぱり嫌なことも沢山あります。言う必要もありませんが、良いことだけを言うのも好きじゃないんでこの場でいくつか紹介したいと思います。

頑張らない子は苦手

塾講師は頑張らない子(勉強量が少ない子)は苦手です。

学力を上げられるか否かは、どんな塾に通っても、どんな先生に教えてもらっても結局自分でたくさん勉強できるかで決まります。

塾講師ができることって、生徒に解説をして、勉強する範囲を指示することだけです。

頑張れない子(勉強量が少ない子)は指示してもその宿題をやれないのでどうすることもできません。だから宿題もやってこれない子に「成績を上げたいです」と相談されても困るんですよね。頑張れない子に対しては何もできないので苦手です。

怒れない子は苦手

塾の方針によりますが、打たれ弱い子は勉強していない時に怒ることができません。(怒ると塾を辞めてしまう)

別に普通に勉強している子に対して怒ることってないんですが、全く宿題をやってこなかったり授業中に寝る生徒に対してはきつめに注意したくなりますよね。

それができない子(親からうちの子は気が弱いので。。。と言われる)は怒れないし、怒れないといつまでたっても勉強しないし、もちろん成績も上がらないし大変です。

まとめ

今回は塾の先生の本音についてお話ししました。

塾の先生はやる気がある子が好きで、やる気がない子は苦手です

それ以外は特に何も考えてません。基本的にいい人がほとんどなので、やる気を持って塾に通えば塾の先生は助けてくれると思います。遠慮せずに悩みがあったら相談しましょう。

 

 

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!