定期テスト

中学の定期テスト、中間テスト、期末テストとは?何のためにあるの?

テスト 高得点

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

中学校では中間・期末テストがあります。2つを合わせて定期テストと呼びますがどうしてこのようなテストがあるのでしょうか?

この記事では、

  • 中学での定期テスト、中間・期末テストとは何か?
  • どうして定期テストがあるのか?

ということを解説していきます。

中学の定期テストとは?

中学では、中間テストと期末テストと言われるテストが定期的に行なわれます。この中間テストと期末テストを合わせて定期テストと呼んでいます。

中間テストは1,2学期の真ん中で行われ、国数英理社の5教科が対象です。3学期は短いので期末テストしか行わない学校が多いです。

期末テストは各学期末に行われ、国数英理社の5教科に加えて副教科(実技教科)も対象になります。体育、音楽、美術、技術家庭を加えた最大9教科です。

 中間テスト期末テスト
時期学期の真ん中学期末
実施する
学期
1,2学期1,2,3学期
科目数5教科最大9教科

定期テストは何のためにあるの?

定期テストが中学から行われる理由は主に2つあります。

1.成績をつけるため

1番の理由は成績をつけるためです。

中学からは各教科5段階で成績がつきます。(これを評定と言います)評定は主に定期テストの点数からつくことになります。他にも授業態度や提出物などの点数もありますが、1番影響があるのは定期テストの点数です。

中学の成績は高校受験で利用するので非常に重要で、公平につけられなければいけません。そのために定期テストを行いその結果から公平に成績を出しているのです。

2.授業内容が定着しているかの確認

もう1つの理由は、授業内容を理解しているかの確認です。

中学から勉強する内容は小学校に比べて難しく、授業も速く進むので塾や自宅で勉強をする必要があります。

各々が好きなように勉強をするわけですが、「ちゃんと学校以外でも勉強できているか」を定期テストで確認をするわけです。

中学では既に習った内容を土台にして新たなことを学ぶので、知識が身についていないと今後の授業が理解できなくなります。定期テストである程度の点数が取れるくらいの勉強はしておかなければいけません。

おわりに

今回は定期テスト、中間・期末テストとは何なのかお話ししました。

このサイトでは、定期テストの勉強法から点数から分かる学力の目安まで様々な定期テストに関する情報を発信しています。

他にも私の指導経験を生かした様々な記事があるんでぜひ見てみて下さいね!

他の”定期テスト”の記事はこちら!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験合格の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら