全般的な勉強法

部活で忙しい中学生はこれぐらい勉強すれば心配なし。部活と両立して最難関校に合格した私が教える勉強計画

部活

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

「娘、息子が部活で忙しいのだけれども、勉強はどうやって両立すればいいのか分からない」「参考として、管理人さん(私の事です)はどういう生活を送っていたのか知りたい」という声を相談する中でよく貰います。

中学生は部活で忙しい子も多く、そんな中で勉強をして良い結果を残すのは簡単ではありません。だからと言って部活も辞めたくないし、高校受験も諦めたくない。そんな子供を心配に思いながらも応援したいですよね。

そこで今回は、部活で忙しい中高校受験でも良い結果を残すためにはどれくらい勉強すれば良いのかをお話しします。忙しい中でも、これぐらい勉強できていれば受験を心配する必要はありません。

同時に、部活と勉強を両立するコツや私の中学時代の勉強時間もお話ししたいと思います。是非参考にしてください。

管理人
管理人
部活との両立については多くの方からご相談を頂きます。私も中学時代には忙しい中何とか高校受験をやり遂げたので、部活で頑張る子を応援したいという気持ちがあります。力になれればうれしいです!

部活を続けながらこれくらい勉強しよう

部活で忙しい中でもこれくらいを目安に勉強していきましょう。ちなみに部活をやっていない中学生の勉強時間は下の記事で紹介しています。

平日

平日は合計で5~6時間は勉強しましょう。塾に通っている場合は塾の授業と宿題だけでいっぱいいっぱいになってしまうかもしれませんがそれで構いません。

その分、適当に勉強するのではなく丁寧に勉強をすることを心がけましょう。

私の中学時代

私は平日は毎日7時前まで部活があって、その後に塾とその他の習い事をやっていました。

そのため塾で受ける授業時間が合計5時間ほど、宿題をやる時間が1~2時間ほどで合計6~7時間くらい勉強していました。

土日

土日では合計3~4時間ほど勉強したいところです。

部活によって拘束時間は変わってくると思います。たくさん時間があったとしても、休む時には休んでも良いと思います。ずっと続けていくことになるので息切れしない程度に勉強しましょう。

私の中学時代

土曜は朝から13時くらいまで、日曜は1日近く部活でした。

土曜の夕方ごろから残った宿題をやったり、苦手な教科の勉強をプラスでやったりしていました。時間にすると2時間くらいです。

管理人
管理人
もっと勉強することも可能でしたが、土曜は友達と遊んだりゆっくりしていました。ゆっくりするときはゆっくりして、勉強するときは集中するようにしていました。

テスト前の勉強時間

テスト前の勉強時間についてはこちらの記事でお話ししています。私の勉強時間も書いてあるのでそちらを参考にして下さい!

時間よりもついていけているかを意識しよう

さてこのように目安となる勉強時間をお話ししましたが、一番意識してほしいのは勉強している時間ではなく、学校や塾の授業についていけているかどうかです。

特に塾に通っている場合は塾の宿題をやって授業についていけてればそこまで心配する必要はありません。

管理人
管理人
実際私も塾の授業と宿題以外には、苦手な範囲の勉強を少しだけやっただけです。塾内でもそこそこの順位を維持できていたためそれ以上勉強しようとは思いませんでした。部活の引退後から一気に勉強量を増やして順位も上げました。

全く勉強できていない場合は?

「部活で疲れて帰ってきて、勉強せずに家で寝るだけ」「成績も平均よりかなり悪い」

こういう状況であれば、部活を辞めることも視野に入れましょう。部活と勉強の両立は可能ですが、このような状況ではみんなとの差が開いていく一方です。

毎年部活を辞めていく子は結構いますので恥ずかしがることはありません。特に1年生のうちは辞めやすいので辞めるなら早めがお勧めです。

両立するためのポイント

忙しい中で効率的に勉強するにはいくつかのポイントがあります。

管理人
管理人
何人もの部活で忙しい生徒を見ていても、両立できることできない子の違いがここです。部活の忙しさよりも本人の意識が学力に大きく影響してきます。

部活からの切り替えを意識する

部活の時間と勉強の時間をはっきりと分けて勉強に集中するようにしましょう。

部活の後にだらだらと勉強を始めて集中できないようでは良い結果は出ません。疲れていて勉強ができないのなら思い切って休んでも構いません。その分、勉強するときは勉強に集中しましょう。

管理人
管理人
勉強に集中することができれば、勉強時間の差なんてすぐに埋まります。

部活を言い訳にしない

「部活が忙しいからこれくらいの成績でも仕方ない」と言っているようではいけません。

確かに周りには自分よりも時間的に余裕のある子がたくさんいて、羨ましく思うこともあると思います。そんな中でも、「忙しくてもみんなより良い成績を取ろう!」ぐらいの心意気があれば良い成績を取ることは可能です。

部活を言い訳にせず、どうにか良い結果を残そうと頑張れば結果はついてきます。

管理人
管理人
部活を言い訳にし始めてしまうと、その後も成績はどんどん落ちていきます。

部活を頑張る子は学力も高い

「部活をやると、勉強の時間が少なくなって成績は下がる」と思われると思います。

しかし、体感的には実際はその逆のように感じます。私の中学時代の部活も週7回活動していましたが、ほとんどの子が学校の平均よりもできていました。何人もの生徒を教えてきましたが、部活を頑張っている子の方がよく勉強する印象があり、その分結果も良いです。

これは私だけではなく他の方も感じています。

私が主宰している学習塾では、公立の中学校の生徒が多いため、ほとんどの生徒が部活動に入っています。そして、そこには学力とある一定の関係があることがわかったのです。それは

「部活動をしっかり頑張っている生徒は、学力が高い傾向にある」

東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/94869 より

子供の部活が忙しくて高校受験が心配と思う気持ちはすごくわかります。しかし、現時点で授業についていけてたり、ある程度勉強しているようであればそこまで心配する必要はありません。

まとめ:部活と勉強の両立は可能で心配する必要はない

今回は部活で忙しい子の勉強時間についてお話ししました。

部活と勉強をしていればそれだけでほとんどの時間を使ってしまいますが、両立は可能ですしむしろ成績が良いくらいです。

現状で学校や塾の勉強についていけているようならそこまで心配する必要はありません。

管理人
管理人
部活との両立をする中で、ただ勉強しているだけでは決してできない経験や、一生役に立つスキルが身につきます。大変なこともあるかもしれませんが、応援しています。頑張りましょう!
アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら