高校受験勉強法

B判定の高校に確実に合格したい子がやるべきこと

高校受験合格

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

早い方はそろそろ高校受験が始まりますね。

絶対受かる自信がある高校はいくぶん気が楽ですが、落ちる可能性があると不安に感じてしまうと思います。

その中でも模試でB判定の高校は何とも微妙な気持ちですよね。受かる可能性の方が高いんだろうけど、落ちる不安の方が大きいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はB判定の高校に受かるための勉強法と当日の試験の受け方についてお話しします。明日受験でもやれる対策がありますので受験直前のかたも是非ご覧ください。

管理人
管理人
これを読んでB判定の高校に絶対合格しましょう!

B判定。。。実際受かるの?

B判定の高校って受かるのか?ということが一番気になると思います。合格率60%~80%がB判定とされていますが、60%とか言われても困ってしまいますよね。

結論から言うと受かることもありますし落ちることもあります。
そんなことを聞きたいわけじゃないのは分かっています。

ただ、そうとしか言えません。その微妙なラインがB判定というものなのです。

受かるか落ちるか分からない状態から、受かる状態にするのも落ちる状態にするのも残った期間での頑張り次第なんです。

管理人
管理人
「模試を受けた段階では微妙なラインにいるけど、学力を伸ばせれば受かるし、周りより伸びなければ落ちるよ。当日の試験で上手くやれれば受かるし、失敗すれば落ちるよ。受ける価値は十分にありますよ。」っていうのがB判定です。

受かるも落ちるも自分次第なのがB判定。とすれば大切なのは確実にB判定の高校に合格するためには何をすればいいかということですよね。

確実にB判定の高校に合格するためには

B判定の高校に確実に合格するためには2つの対策があります。

  1. 残りの期間の受験勉強で学力をしっかりと伸ばす
  2. 本番の試験で失敗しないような心を持つ

大切なのは2番目です。B判定の子は当日の試験の出来で合否が決まってしまいます。当日の試験の出来なんて運なんだから神に祈るしかないと思っていませんか?
それは間違いです。十分に準備することで確実に当日の試験での失敗を避けることができます。

B判定の高校に確実に合格するための勉強法

3年生の冬にもなると伸び悩む子も多くなってきますが、その中でも着実に学力を伸ばすことで合格をつかむことができます。

直前期は過去問演習が中心となりますが、このようなステップで過去問を解きましょう。

  1. 時間制限をつけ、できるだけ本番に近い環境で過去問を解く
  2. 丸付けをして、間違えた問題については解説をよく読む。また、どうして間違えたのか、次はどうすればいいかなどをよく考える。
  3. 間違えた問題の解きなおしをする。解けるようになるまで何度も!
  4. 過去問をやっていて苦手な範囲が見つかったら、各教科の問題集を使って復習する。

過去問の解き方は今までの問題集の解き方とは違います。多くの子は間違った方法で勉強しているためせっかくの貴重な過去問演習の機会を無駄にしてしまっています。

一度勉強法を見直してみてください。残された時間を有効に使いましょう。

詳しくはこちらの記事で書いているのでそちらをご覧ください!

 

試験本番で失敗しないために

試験本番で失敗しないためのカギは、十分な準備と自信です。

  1. 十分な準備:過去問で志望校の入試問題を分析して傾向を掴む
  2. 自信を持つ、気持ちのコントロールをする:自信があるかないかで本番の出来は変わってきます。自分は受かるという自信を持つ

試験本番に向けて入試問題を分析する

どんな問題が出そうなのか、それを知っているかいないかで変わってきます。スポーツでも相手の選手の能力や作戦を知っていた方が勝ちやすいですよね。受験も全く同じです。

過去問をただ解くのではなく、解きながら高校の入試問題の傾向を知り、本番でどうやって解いていけばいいのかを決めましょう。

本当にこれをするかしないかで結果は大きく変わってきます!

詳しいことはこちらの記事で書いてあるのでそちらを参考にしてください。

管理人
管理人
受ける高校の入試問題を分析し、計画を立てるだけで多少の学力の差は逆転できます。

受かる自信を持つ

自信を持てるか否かで合否は大きく変わります。それくらい気持ちの持ちようは大切なんです。偏差値5くらいならひっくり返してしまいます。

自信を持つ方法にはこういったものがあります。自信を持つことに似ていますが、気持ちをコントロールすることも大切です。

  1. 自分が頭がいいと思い込む
  2. 試験当日の席の周りで自分より出来なさそうな人を見つける
  3. 気持ちをコントロールする

自分が頭がいいと思い込む

模試の結果とか塾での順位とか関係ありません。「自分は頭がいいんだ、同じ高校を受ける誰よりも勉強ができる。」と思い込みましょう。

できない子もいますが、思い込める子なら試験でプラスに働くことは間違いありません。

席の周りで自分より出来なさそうな人を見つける

試験当日、試験番号に従って席に着きます。その時に、自分の席の周りで自分より勉強が出来なさそうな人を見つけましょう。

倍率が2倍なら前後左右の誰かに一人に勝てばいいんです。テストですごく良い点数を取る必要はありません。周りの何人かに勝てばいいだけなんです。

周りで確実に勝てそうな人を勝手に探して、その人に勝つことだけを考えましょう。自信を持って試験を受けられるはずです。

管理人
管理人
ちゃんと考えればそうではないんですが、そんなことはどうでもいいんです。そこら辺のやつに勝てば受かると思って絶対勝ってやりましょう。

気持ちのコントロールをする

自信を持つと受かりやすい理由は、落ち着いて試験を受けられるからです。

本番の試験は上手くいきません。緊張もありますし、思っていた通りに得点はできません。上手くいかないときに焦ってしまうと、さらに上手くいかなくなり落ちます。

管理人
管理人
何があっても受験で動揺しないほど肝が据わっている子は1%くらいしかいません。みんな動揺するんです。その中で落ち着いて気持ちをコントロールできる子が受かります。

自信があると、多少上手くいかなくとも焦らずに試験を受けることができます。

自信を持てない子は、本番の試験で上手くいかなくても焦らないことを心がけましょう。焦らないためには次の2つの点を意識しましょう。

  1. 自分が解けていない問題は難しい問題なので周りのみんなも解けていない
  2. 終わった教科の試験のことは決して考えない

受験会場での心構えはこちらの記事で詳しくお伝えしているので見てみてくださいね。

まとめ

B判定の高校に確実に合格するためには

  1. 受験までに着実に学力を伸ばす
  2. 試験本番で失敗しない

という2つのポイントが大切でした。それぞれどうすればいいか分かっていただけたでしょうか?

B判定の高校に受かるか落ちるかは受験生次第です。ここに書いてあることを実践すれば他の子よりも差をつけることができるはずです。そうすれば合格はおのずと近づいてきます。

管理人
管理人
受験まであと少し!頑張りましょう!

 

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

生徒の成績を100%上げる家庭教師の秘訣

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも意外と誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で根本的なことです。勉強のやり方を1から見直すことで次のテストから点数を確実に上げることができます。

家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!