知っておくべき知識

【高校受験】やる気がなくて勉強しない子に勉強をさせる秘策とは?

親の悩み

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

うちの子、高校受験が近づいているのに全然勉強しないんです。。。

別に成績がいいわけでもないのに受験勉強をしない子供。親だけが将来の心配をして疲れてしまっていませんか?

私は家庭教師として何人もの中学生を教えてきましたが「うちの子は何を言っても勉強をしなくて困っているんです。どうにかしてください」といった依頼をよく受けます。

管理人
管理人
家庭教師は基本的に勉強に問題のあるご家庭を教えることが多いので!

私はそういった「勉強をしない子」をなんとか自ら勉強させることに成功させてきました。

勉強をしない子は話し合い、上手く説得することで自ら勉強をしてくれるようになります。

そこで今回は高校受験勉強をしない子に私がいつもどのようにして勉強させているかを紹介します。

やる気を出すには真剣に話し合おう

勉強のやる気を出してもらうためにやって欲しいことは

真剣に話し合うこと

です。

それだけ?

これまで高校受験や将来について真剣に話し合ったことはあるでしょうか?たぶん多くの方が真剣に話し合えたことはないのでないでしょうか。

管理人
管理人
子供に勉強してもらうためには、話し合うしかありません!

「勉強しなさい」は絶対に聞かない

勉強をしない子に「勉強しなさい」と言っても絶対に勉強をしません。

管理人
管理人
ご両親が1番よく分かっていると思います 

言っても聞かない理由は

中学生は既に立派な大人だからです

中学生にもなると、自分の事は自分で決めます。自分で決めたがるので、人から頭ごなしに言われる命令には無条件で反発したくなります。(思春期ですね!)

勉強しなきゃいけないことを理解してもらう

勉強をしなさいと言っても勉強をしない状況で、中学生の子供に勉強してもらうためには

自分で勉強しなきゃと思い
実際に行動に移してもらう

しかありません。

そのためにはよく話し合い考えを変えてもらうしかやれることはありません。

管理人
管理人
言っていると難しそうに聞こえますね。。。でも私と同じ方法で話し合えば大丈夫ですよ!

やる気を持たせるための話し合い

ではいつも私はどのように生徒と話しあって勉強をさせているのでしょうか?

やる気を持たせるために何を話しあっているのかをお教えします。

1.勉強をしない理由、勉強についてどう思っているかを聞く

まず私は

  • 勉強をしない理由
  • 勉強することについてどう思っているかを聞きます

そうすると多くの子からは

勉強しなきゃいけないことは分かっている。でも○○だから勉強ができない

といった回答が返ってきます。

勉強ができない理由はたくさんあります

  • 勉強がつまらないから
  • 他にやりたいことがあるから
  • ついついスマホを触ってしまうから

などです。

でも多くの子は、勉強は必要でやらなければいけないとは感じています。

管理人
管理人
やらなきゃいけないけどやれない事って皆たくさんありますよね。

2.勉強ができない(しない)理由について一緒に考える

次に私がすることは

勉強ができない(しない)理由
について一緒に考える

ことです。今話してもらった原因について

  • どうして勉強ができなくなってしまうのだろう?
  • 勉強するためにやれることはあるだろうか?

などを一緒に考えていきます。

例えば「スマホを触ってしまうので勉強ができない」なら

  • 勉強しなきゃいけないことは分かっていても、ついスマホを触ってしまう
  • 勉強する時間を決めてスマホを触らないように工夫する

など、解決に向けて話し合いをしていきます。

この話し合いの中で

勉強をするために
これから何をしていけばいいか

を決めていきます。

管理人
管理人
考えを押し付けるのではなく、とにかくお子様自身が思っていることを話してもらい、考えを引き出します。

これから何をやっていくかも、お子様自身で考えてもらいましょう。もちろん多少はアドバイスはしますよ!

子供も勉強ができないことに悩んでいることも

意外と多いケースが

子供自身も勉強ができずに苦しんでいる

というパターンです。

勉強をしなければいけないことは分かっているのにスマホを手放せない。どうしても体が動かない。勉強ができない自分に嫌悪感を持っている。こういった子も意外と多くいるのです。

管理人
管理人
寝なきゃいけないのに、夜遅くまでスマホをいじってしまうのと同じですね!

そういった子が勉強するためには手助けが必要です。一緒に何ができるかを考えて、一緒に実行していきましょう!

3.次からやることを明確に決める

話し合いでこれからやるべきことが決めたところで、「これから頑張ろうね!」で終わってしまうと、すぐにまた勉強をしなくなります。

話し合いをした後、最後には必ず

これからやること(約束事)を
明確に決めます

例えばスマホの例だと「1日1時間はスマホをお母さんに預けて、リビングで勉強する」だとか「スマホは勉強を終えてから寝るまで(12時まで)にする」などです。

明確にやるべきことを決めることで、実行するハードルは一気に下がります。まずは実現可能なところから約束事を決めていきましょう。

管理人
管理人
1日30分からでも、やれるところから始めていきましょう。

4.受験まで見守る

やるべき約束事を決めた後は、授業の度に毎回できているかを確認します。

どうしても意志は弱いので、ある程度監視しなければやり遂げることはできません。実行できないのならできるルールに変更する。逆にできたなら、もう少し勉強するようにしてみましょう。

管理人
管理人
このように、少しづつ自ら勉強をする手助けをしています。

他に話すこと

話題としては少し変わりますが、同時にやる気を出させるためにもう1つ話すことがあります。

それは

将来の事について

です。とは言っても「将来何やりたい?」と聞いても「分からない」と言われることが多いです。

私が聞くのはもっと近い将来、高校や大学のことです。

高校や大学でやりたいことを聞くことで、そのために今、勉強しなければいけないことを自覚させます。

やりたいことがあるほど、勉強のモチベーションも上がるので有効ですよ。
高校の文化祭に行くのもすごくお勧めですよ!

まとめ

今回は高校受験勉強でやる気を出さない子にやる気を出させる方法を紹介しました。

管理人
管理人
参考になったでしょうか?

私は毎回このようにして生徒のやる気を引き出して少しづつ勉強をさせています。やれそうなことがあったら是非やってみてくださいね!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら