高校受験勉強法

高校受験の偏差値が50以下の子が短期間で偏差値を上げるための勉強法

定期テスト

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

「偏差値が50を超えないけど、どうにかして偏差値を上げたい」、「偏差値55の高校を目指したい」と考えることはありませんか?

偏差値50というのは大きな壁です。半分近くの子は偏差値50以下になってしまう一方で、偏差値50以下だと高校選びの幅が狭まってしまいます。
どうにかして偏差値50以上で高校を選びたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

偏差値50以下の子が偏差値を上げるための勉強法は、偏差値が60の子の勉強法とは違います。がむしゃらに今のままの勉強をしていても伸びないでしょう。

しかし、自分の学力に合わせた勉強をすることで偏差値をすぐに上げることができるかもしれません。偏差値50以下の子は学力に問題があり、そこを補強することで簡単に平均点を超えられるようになります。

私は実際に偏差値50以下の子を指導し、偏差値を上げてきました。やるべき勉強は他の子とは違うんです。

そこで今回は、偏差値50以下の子が偏差値を上げるための勉強法についてお話しします。

偏差値50以下の子の学力

偏差値50以下とは平均よりもできていないということです。

皆が解ける問題を解けていないということは、基礎的な学力に大きな穴があります。

これまでの定期テストで明らかに出来が悪い範囲があったり、苦手な教科があったりしませんか?

特定の教科、範囲で明らかに苦手な箇所があるはずです。そこが問題です。

偏差値50以下から上げるためには

偏差値を50以上にするのは実は簡単なんです。

なぜならみんなができている問題を解けるようになるだけでいいからです。難しい問題が解けるようになる必要は全くありません。

皆が解ける問題を解けるようになるためには、全範囲で平均的な学力をつければいいんです。つまり、全教科全範囲で特別苦手な範囲を無くすための勉強をします。

苦手を無くすためにやるべき勉強は、苦手な範囲の復習です。

全ての範囲で平均的な学力をつけることを目標に勉強します。

苦手な教科で平均点近くまで取ることを目指しましょう。

やってはダメな勉強
  • 難しい問題を解くために発展問題ばかりを勉強する
  • 得意な教科の勉強ばかりする

偏差値を50以上に上げる勉強法

用意するもの

必要なのは基本問題から簡単な発展問題が載っている問題集です。すでにテスト勉強などで使った問題集があるのならそれで構いません。

もし新たに問題集を買われるのであればこちらの問題集がお勧めです。少し高いですが、偏差値50以下の子に特化した問題集になっています。

勉強の進め方

偏差値が50を下回っている教科を集中的に勉強します。流れはこうです。

  1. 自分の苦手な範囲を洗い出す
  2. その範囲の問題集を解く
  3. 間違い直しをし、解説をよく読みこむ(次はどうしたら解けるのか?と考えながら)
  4. 同じ範囲を再び解きなおす
  5. ③と④を繰り返し、すべての問題が解けるようにする(最低3回)
  6. 別の範囲に移って②から同じことを繰り返す

苦手な範囲を洗い出す

問題が解けなかったり、良く理解できていない範囲があると思います。
その範囲の知識を補強することができれば偏差値50は超えることができます。

まずはこれから勉強すべき範囲を明らかにしましょう。

解けるようになるまで問題集を解く

勉強すべき範囲を決めたら、問題集を解きましょう。

最低でも3回は同じ範囲を解く

大切なのは、同じ範囲を解けるようになるまで何度も何度も解くことです。

1回解いただけで満足していませんか?丸付けも適当にやって勉強した気になっていませんか?

最低でも3回は同じ範囲を解かないと、勉強した価値はありません。

必ず1度解いたら、間違い直しをやった後に解きなおしをしましょう。人はたくさんの事を忘れるので最低でも3回は同じことを繰り返し知識を定着させましょう。

何度も解きなおし、自信が持てるようになったら他の範囲の勉強に移りましょう。

薄く広い知識ではなく、確実に自信の持てる範囲を少しづつ増やしましょう。

地味ですが、このように勉強することで確実に学力はついていき、いつの間にか偏差値は50を超えます。

まとめ

偏差値50以下の子が偏差値を50以上に上げるための勉強法を紹介しました。

偏差値50、つまり平均点を取るためには特別すごい知識は必要ではありません。苦手な範囲を無くしていくだけでいいんです。そうすることで偏差値は確実に上がっていきます。

勉強する際に注意すべきなのは、同じ範囲を何度も解くことです。3つの範囲を1回づつ解くのではなく、1つの範囲を3回解くということを肝に銘じて勉強しましょう!

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!