社会

中学社会:歴史で高得点を取るための勉強法を1から解説します

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

この記事のまとめ

中学社会の歴史はただ暗記を重ねるのではなく、「物語」として歴史の流れをつかもう。覚えること知識を整理することの2つが大切です!
勉強のコツをつかめば安定して高得点を取ることも可能です。

中学社会の歴史は中学3年間学び続けますが、地理に比べて苦手という子も多いですよね。しかし歴史は社会の中でも最も比率が高いため、歴史が苦手なままだと定期テストや高校入試で大きく不利になってしまいます。それは避けたい事態です。

今まで良い点数が取れていなくてもこれから私がお話しする歴史の勉強のコツを知って勉強すれば誰でも歴史の分野では高得点を取ることができます。

実際に私は家庭教師としてこれからお話しすることを生徒に実践させることで定期テストの点数や模試の偏差値を上げています。特に社会は1番上げやすいので、1番最初に取り組む教科です。

ぜひあなたやお子様もこの勉強法を実践して、次のテストから点数を一気に上げましょう!

管理人
管理人
歴史で大切なのはたった1つのコツです!順を追って説明しますね!

歴史は”ただ”暗記するだけじゃない

「歴史はひたすら年号と人の名前とかを覚えるだけ」こう思っていませんか?

実はこれ、間違いです。ただ覚えるだけだと、勉強したはずなのにテストでは点数が取れないという事態になってしまいます。子供がそういっているのを聞いたことありませんか?

間違った勉強の仕方

  • 単語帳を作って覚える
  • 覚えるべき単語を赤シートで隠して覚える

こういった勉強法をするのはできればやめましょう。一見、覚えるのに効率が良いように思えますが歴史を英単語のように覚えているとテストで良い点数を取れません。

確認テストのようなひたすら人物名や戦争の名前を答えるだけのテストでは良い点数が取れるかもしれませんが、定期テストや高校入試のように多面的に問いを出してくると途端に点数が取れなくなってしまいます。

管理人
管理人
暗記科目なのに、暗記しても良い点数が取れない!なんででしょうか?

テストでは”歴史の流れ”を聞いてくる

どうして定期テストや高校入試では点数が取れなくなるのか?

それはテストで聞いてくるのは、単語としての知識ではなく歴史の流れだからです。中学校の先生もよく”流れ”が大切ということを話すと思います。

例えば第2次世界大戦の話をしましょう。第2次世界大戦は1945年まで続いた世界的な戦争の事ですよね。日本は主にアメリカと戦いました。誰しも「第2次世界大戦」とか「太平洋戦争」とか「ヒトラー」という単語は覚えていると思います。

しかし、そういった単語を覚えれば良い点数を取れるというわけではありません

大切なのはどうして第2次世界大戦が始まったか、終わったかということなんです。どうして第2次世界大戦が始まったか分かりますか?「ヒトラーが悪いから」は少し違います。

先生側からすると、どうして始まったのかということを聞きたいため「敗戦処理や世界恐慌による不況から立ち直らせることで民主の人気を集め、独裁体制を築いた人はだれか?」という問題を作ります。ちなみに答えはヒトラーです。

ヒトラーという単語を覚えていても答えられませんよね。確かに答えは覚えている単語かもしれませんが、実際に聞かれているのはどうしてヒトラーが独裁を始められたのか、どうしてヒトラーが第2次世界大戦を始めたのかということです。

こういったテスト問題に答えられるようにするために”流れ”を覚える必要があるんですね。

管理人
管理人
歴史(社会全般)で大切なのは”流れ”をつかむこと。歴史の流れの上でそれぞれの重要単語を覚えましょう。私の中学の先生もよく言っていた覚えがあります。

歴史の流れをつかむことで飛躍的にテストの点が伸びる

このように歴史では”流れ”が大切です。歴史は単語の暗記なのではなく、”物語”の暗記なんです。

流れをつかむためには知識を整理する

流れをつかむためには、一通り勉強をした後に参考書や授業を受けて知識を整理しましょう。

参考書では丁寧に歴史の流れが解説されていますし、授業ではテストで出るポイントを押さえて歴史の流れを解説してくれます。

大切なのは単語を一通り覚えた後に解説を読むということです。何を覚えていない時に解説を受けても「ふ~ん」くらいにしか感じませんが、重要単語を覚えた後だとそれらの前後関係が良く理解できますし、簡単に覚えることができます。

なんとなく覚えるだけで良い

「流れ」まで覚えないといけないなんて大変だと思うかもしれませんが、流れに関しては何となく確認する程度で構いません。

流れと言っても

「第1次世界大戦」の敗戦処理と「世界恐慌」による不況から「ドイツ」では「ヒトラー」が「独裁体制」を築き、「第2次世界大戦」への道を歩むことになった。

程度の事です。「」の中は覚えるべき重要単語。つまり「」の中は既に覚えているはずですから、プラスで理解するのは「」の外だけ。楽そうですよね。

管理人
管理人
既に単語を覚えられていればそれらの前後関係を覚えるのは思っているよりも楽です。

知識の整理にはスタディサプリがお勧め

でも重要単語を覚えてから学校や塾の授業を受けるのはスケジュール的に厳しいと思います。

もちろん参考書を読んでもいいのですが、テストで出るポイントを押さえた授業を人から受ける方が定着しやすいのは事実。そういった時にお勧めなのがスタディサプリです。

スタディサプリはスマホやパソコンでいつでも好きな映像授業を受けることのできるサービスです。いつでも好きな単元の授業を受けることができるので、歴史の勉強が一通り終わったタイミングで授業を受けることで”流れ”をつかむことができます。

今なら2週間の無料体験もやっているので、1度申し込んで試してみてください。無料ですから。無料体験はこちらからどうぞ。

スタディサプリ

暗記は問題集を使おう

最後に知識を整理する前に、重要単語を覚えるための勉強法についてお話ししますね。

社会の勉強では、ひたすら同じ問題集を解く勉強法がお勧めです。

使うのは今持っている問題集で構いません。

解いて、間違い直しをして、また解いて間違い直しをする。これをひたすら繰り返して答えを覚えていきましょう。

解くときのポイントは、分からない問題はすぐに飛ばすこと。悩む必要はありません。少しでも悩んだ問題は飛ばして後で答えを確認しましょう。こうすることで一回解くのにかかる時間が減ってすぐに覚えられます。

問題集を解いて重要単語を覚えた後は、参考書や授業を受けて知識を整理することを忘れずに!

まとめ

今回は中学社会の歴史の勉強法についてお話ししました。どのように勉強すれば良いか分かりましたか?

勉強法をまとめると

  1. 問題集を繰り返し解いて重要単語を覚える
  2. 参考書や授業を受けて”歴史の流れ”を理解する

という2つをやればいいんです。特に2つ目が大切です!

社会は1番点数が上がりやすい教科なので、ここで話した勉強法を実践してみてください!やれば確実に結果が出ます。頑張りましょう!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら