高校受験勉強法

高校受験に向けて部活を引退するまでにやっておきたいこと

部活

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

「子供が部活で忙しくて勉強できていないけど大丈夫なの?」「部活を引退してから伸びるというけれど、部活をしているときは勉強しなくても大丈夫なの?」

子供が忙しい部活に入っていると勉強に関して不安を覚える方は非常に多いです。

忙しい部活に入っていても高校受験でいい結果を残すことは全然可能ですが、部活をやっている間は勉強しなくてもいいというわけではありません。部活をやりながらでもある程度は勉強しなければいけません。

管理人
管理人
私も3年生の9月頃から「部活を引退して勉強を始めるから見て欲しい」と依頼されることがあります。大体の子がこれまで勉強をしておらず、頑張っても間に合わないということがあります。

そこで今回は、勉強を始めても手遅れという事態にならないように部活を引退するまでに何を勉強しておいて欲しいのかをお話しします。

管理人
管理人
部活で忙しい分、勉強量が少なくなるのは仕方ありません。夏休みから逆転するために最低限勉強しておくべきことをお話しします。

部活を引退してから受験勉強を始めようとしても手遅れ

「部活が忙しいから引退してから受験勉強を始めよう」
実はそれ、アウトです。8月から受験勉強を始めても間に合わないこともあります。

とは言ってもこれは部活をやっているときに全く勉強していない場合です。

全く勉強しないのはダメ

部活で忙しくて全く勉強をしない。家では寝てる。定期テストの結果はひどい。

こういった状況では部活を引退してから勉強を始めても、学ばなければいけないことが多すぎて受験に間に合わないことが多いです。

部活で忙しくて勉強ができない気持ちは分かりますが、全く勉強しないのはダメです。部活と並行して勉強を続けましょう。

管理人
管理人
忙しい中でも、一定量は勉強してなければいけません。

部活をやっていない子と同じだけ勉強する必要はない

とは言っても忙しい中で、部活をやっていない子と同じだけ勉強するのは難しいでしょう。

全く勉強しないのはダメですが、多少他の子よりも勉強量が少なくなってしまうのは仕方がありません。しかし、忙しい中でも最低限勉強しておくべきことがあります。

最低限部活をやりながら勉強することができていれば、引退してから頑張ればすぐに差は埋まります。

引退するまでにやっておきたいこと

では部活と両立しながら何を勉強すべきなのでしょうか?

それは定期テスト勉強です。最低限定期テストだけは良い点数を目指しましょう。それができていれば引退してから頑張ればどうにかなります。

定期テスト勉強だけはやらないといけない

定期テスト勉強だけは部活が忙しくてもしっかりとやって、良い点数を取らなければいけません。

その理由は2つあります。

内申点が絶対必要だから

理由の1つ目は、部活が引退してから勉強を頑張り始めても内申点のほとんどは既に決まってしまっているからです。

計算方法は都道府県によって異なりますが、少なくとも3年生の1学期の成績はどの都道府県でも非常に大切です。

部活を引退してから勉強に力を入れても、3年生の2学期の成績が良くなるだけです。1、2年生の内申点も考慮される場合は、既に悪い内申点がついてしまっています。2学期だけ頑張ってもそれほど調査書点が上がることはないでしょう。調査書点が低いということは入試を受ける前から既に不利になってしまっているということです。

管理人
管理人
ちなみに3年生の2学期の成績は1学期と合算されて出されるので2学期だけ頑張ってもそんなに上がりません。

公立高校受験において内申点は非常に重要ですので、手遅れにならないためにも定期テスト勉強だけはしっかりとやっておきましょう。

基礎学力はつけておきたいから

2つ目の理由は、定期テストで問われるような基礎的な部分の知識は身に着けておきたいからです。

もし基礎的な部分の勉強もしていなかったら、部活を引退した後、1から復習をしなければいけません。これには非常に時間がかかります。それに他の子は既に基礎の部分の勉強は終えて、発展的な内容を勉強しているのですから復習をしている間差はどんどん広がっていく一方です。

部活を引退した後からは発展的な内容を勉強して、差を縮めていきたいので部活をやりながらでも基礎的な内容は必ず身につけておく必要があります。そのためには定期テスト勉強に力を入れるのが1番です。

管理人
管理人
発展的な内容は部活を引退してからでも大丈夫なので、最低限基礎は身につけておきましょう。

基礎がしっかりしていればどうにかなる

部活をしている間は、周りがたくさん勉強していて高校受験が不安に思うかもしれません。

管理人
管理人
でも、案外大丈夫です。

基礎の簡単なところだけでもいいのでしっかりと身についていれば、引退してから頑張れば学力が伸びます。差はすぐになくなります。

逆に、全く勉強せずにきてしまうといざ勉強を始めようとしてもなかなか上手くいきません。そのまま学力が上がらずに受験を迎えてしまうということもあります。

管理人
管理人
私も、9月ごろから「どうにかして欲しい」と部活で勉強を全然やってこなかった子の指導を頼まれたこともありますが、なかなか厳しいです。

部活も頑張って、受験でも志望校に合格したいならやるべき勉強はしておきましょう!

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!