知っておくべき知識

高校受験で子供の合格を後押しするために親がやるべき7つのこと

親の悩み

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

この記事のまとめ

高校受験を迎える子供への親のサポートは受験に大きく影響します。この記事では親が子供のためにやるべき7つの事を紹介します。

「子供もいつの間にか今年が高校受験」「子供の高校受験がとにかく心配」

お子様が高校受験を迎えるとなると、まだ何カ月も先の話でもそわそわしてしまうことでしょう。お子様には将来のためにできるだけ良い高校に進学して欲しいですよね。

お子様に少しでも良い高校に進学してもらうには、親として何ができるのか気になりますよね。同時に、干渉しすぎてストレスを与えてしまわないかも心配だと思います。

もちろん勉強をして受験をするのはお子様ですが、ご両親からのサポートの力は絶大です。家庭教師として見ていても、正しくサポートできているご家庭ではスムーズに受験勉強を進められていると感じます。

そこで今回は、高校受験を頑張る子供のために親がやれることについてお話しします。

塾講師や家庭教師として様々なご家庭と進路相談などで話を聞いているとお子様をサポートできているご家庭と逆効果になってしまっているご家庭の違いがはっきりと見えてきます。サポートしたい!という気持ちは分かるのですが、子供からすると面倒に感じてしまっていることも。毎年生徒からは、「親が~」といった愚痴も聞くことになります。

今回はそういった事例も紹介しつつ、親がやれることを紹介していきます。

管理人
管理人
ご両親様にとっては、耳が痛くなるような話もあるかもしれません。

環境を整える

1つ目は、子供が勉強できる環境を整えることです。

高校受験に向けて中学3年間では長時間勉強することになります。これを集中した環境で勉強するのと、集中できない環境で勉強するのとでは得られるものが全く違ってきます。

家に子供が集中して勉強できる場所を作るだけでなく、問題集や参考書を買い揃えたり、塾に通わせたりなどやれることはたくさんあります。効率的に子供が勉強を進められるように環境を整えてあげましょう。

環境を整えるといっても、ご両親様から一方的に押し付けてはいけません。

管理人
管理人
既に塾に週4,5回通っているのに、家庭教師として指導を依頼されたご家庭がありました。ご両親様は、「お子様の成績を上げるために依頼した」とのことでしたが、生徒に話を聞いてみると「これ以上授業が増えるのは疲れる」と話していました。環境を整えるといっても、お子様とよく相談しながら決めないと負担になってしまうこともあります。

勉強しているか監視する

2つ目は、子供が勉強しているかを監視することです。

高校受験は自分の将来のためのものですから、自ら律して勉強すべきですが、そこはまだ中学生。勉強の重要さも分かりませんし、勉強に集中できない子も多いと思います。

そこで親が子供が勉強できているかを監視し、時には叱り、子供を勉強させなければいけません。

管理人
管理人
監視するといっても、毎日勉強しなさいと言うと子供もストレスを感じてしまいます。時折注意しましょう。

高校受験に関する正しい情報を仕入れる

3つ目は高校受験に関する正しい、最新の情報を知るということです。

正しい高校受験の情報を知らなければお子様をサポートすることはできません

例えば、「内申点」「換算内申」「調査書点」が何を意味しているかは分かりますか?何となく中学の成績から計算されて受験で使う数値だと思われている方がほとんどでしょう。受験でよく使う言葉でさえ正しい意味を知っている方は少ないのが現実です。

正しい情報を知らなければ、お子様が今どういった状況なのか、これから何をすればいいのかを知ることはできません。

特に最近は1年単位で受験制度が変わったりもします。必ず受験に関する情報は正しくて最新のものを仕入れるようにしましょう。

子供の学力を正しく把握する

4つ目は子供の学力を正しく把握することです。

管理人
管理人
私はお子様の学力を把握してくれないご家庭に毎年苦労しています。

受験で少しでも良い成績を出すためには、お子様の学力を客観的に評価して実力に合った高校を目指していかなければいけません。

しかし、お子様の学力が思っているよりも低いとき、それを信じられない方が多いんです。模試で最初の志望校がずっとE判定なのに、それでも絶対に受けさせると言われます。

お子様の可能性を信じたい気持ちはすごく分かります。私も生徒の可能性を信じています。

ただ、可能性を信じることと、現実を見ないことは違います。

受験直前になっても偏差値が20も足りない高校を目指して勉強していては受かる高校も受かりません。現実を見るのは辛いですが、学力を正しく把握して受かる可能性のある高校を受ける方が絶対にお子様のためになります。

子供の気持ちに寄り添う

5つ目は、子供の気持ちに寄り添うことです。

初めての受験という子も多いでしょう。たくさん勉強しなければいけないことでストレスがかかりますし、結果が出なければさらにストレスがかかります。ましてやまだ未熟な中学生なので精神的に不安定になってしまう子も多いです。

不安定になってしまった時、誰よりも頼りになるのはご両親です。気持ちに寄り添ってあげて、少しでも楽にしてあげてください。

どのように対応すればいいかは、ご両親が1番分かっていると思います。

進路について子供と適度な距離間で話し合う

6つ目は、進路について適度な距離で話し合うことです。

この適度な距離というのがポイントで、子供に放任しても、親が通って欲しい高校を無理に受けさせるようにしてもいけません。

進路選びは高校受験で最も悩むことです。

全て子供任せにしてもまだ中学生ですから将来のためにベストな選択ができるとは限りません。だからと言って子供の人生ですから、親の選んだ高校を無理やり受けさせるのも良くないと思います。

親と子の関わり方は、「適度な距離で」としか言えませんが、少なくとも両極端は避けましょう。

事務手続きを行う

7つ目は、受験に関する様々な事務手続きを行うことです。

出願に関する書類の準備はもちろん、志望校が絞れてきたらそれぞれの文化祭や学校説明会の日程を調べたりと親がやるべき仕事はたくさんあります。

お子様を勉強に集中させるためにも、やれることはやってあげましょう。

まとめ

今回は高校受験に向けて親がやれることについてお話ししました。

何をやるべきか分かってもらえましたか?高校受験において親のかかわりは思っているよりも大切です。

このブログでは高校受験や中学校での勉強に関する情報を発信しています。他の記事も是非見てみてくださいね!

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら