志望校決め

<受験生必見>中高一貫校に高校から入学するメリット、デメリットをお教えします!

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

高校入試の志望校として中高一貫校を考える方は多いと思います。

中高一貫校は進学実績で優れていることも多く、魅力的に感じますよね。しかしその反面、子供が中高一貫校に高校から入学するということに不安を覚える方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は高校から中高一貫校に入学することのメリット、デメリットを自身の経験や中高一貫校に進学した生徒の話に基づいてお話ししたいと思います。

中高一貫校に高校から入学する際の疑問に答えられる内容ですので、一長一短を知り、志望校選びに役立ててもらえると幸いです。

ちなみに私は中高一貫校に高校から入学しました。経験してみないとわからない情報もたくさんありますので、ぜひお読みください。

中高一貫校とは

まず知っておいてもらいたい中高一貫校の知識についてお話しします。

中間一貫校とは、中学から高校へ内部進学することにより6年間の一貫教育を行う中高のことです。

6年間の一貫教育を行えるということは、中学一年生から大学受験を見据えた勉強をできるので受験に有利という特徴があります。高校一年生までに高校の内容を全て勉強し終わる学校もあります。

基本的には私立、国立が多いですが公立校もたまにあります。

その中高一貫校に、高校から入学することができる学校も一定数存在しており、今回はその学校についてのお話になります。

高校から入学する場合、中学からの子と合流するの?

一番気になるのが高校入学勢と中学入学勢が高校で合流するのかどうかですよね。

これらは学校により異なりますが、多くは次の3つのパターンに分かれます。

  1. ホームルームは1年から一緒だが、いくつかの科目のクラスは別で2年からすべて一緒。
  2. ホームルームも授業のクラスも1年では別だが、2年からすべて同じ。
  3. 3年間ずっと別。

中学では一つのクラスに属し、そのクラスで全ての授業を受けていたと思いますが高校ではホームルーム(中学でいうクラス)と授業を受けるクラスが別のことも多いです。

中高一貫校でも①の場合が多いように感じます。学校生活では中学入学勢と一緒に過ごしますが、授業は別クラスで受けるということになります。

学力的に中学の子と高校の子で差はあるの?

あります。中学入学の子のほうが高校入学の子より勉強ができることが多いです

中学から入学した子は、学習意識も高く、中学一年生から大学受験に向けて勉強しているためやっている内容も進んでいます。高校に入学して高校の内容を勉強し始めるころには、中学入学の子は高校範囲の2分の1から3分の2ほど終わっていることもあります

学校のカリキュラムとして、このギャップを埋めるために高校一年生ではかなりの量の勉強をさせられます。

中学入学の子と差があることを、「進んでいる子に追いつける」と捉えるか「大きな差がつけられてる」と捉えるかは子供によるでしょう。

しかし、少ない期間で沢山の内容を詰め込むことになるので大学受験の結果は中学入学の子達の方が良いことが多いです。実際名門大学に進学する人の割合は、多くを中高一貫校に中学から入学した子が占めているように感じられます。医学部などでは高校受験経験者はほとんど見かけないほどです。

中高一貫校に進学するメリット

中高一貫校に高校から入学するメリットとしては

  1. 勉強の進みが早く、(頑張れば)大学受験を有利に勧められる
  2. 周りの生徒の意識が高く、勉強する気になる
  3. 周りのレベルが高く、自分の学力を知れる
  4. 異なる環境の子と接して視野を広げられる

などがあります。以下で一つ一つ解説していきます。

勉強の進みが早く、頑張れば受験に有利

中高一貫校では二年生から中学勢と合流するために、高校一年生の際に別クラスで猛烈に勉強させます。一年間で高校三年間の内容を勉強させることもあるくらいです

そのため、頑張って授業についていければそれだけで大学受験を有利に進められます

全員が高校から入学する高校では考えられないことで、大きな差といえるでしょう。

名門大学に進学したいのなら、ライバルは高校受験をした人だけでなく、中学受験をした人たちもです。中学受験をした子は6年間も大学受験のために勉強を続けています。

大学受験ではそういった子達と競い合わなければなりません。ライバル達と勉強の進度を合わせられることがメリットの一つでしょう。

周りの勉強の意識が高く、勉強する気になる

小学生から塾に通い、必須ではない中学受験をするくらいですので中高一貫校の生徒の勉強に対する意識は高いです。(本当に意識が高いのはその両親ですが笑)

そういった子達の中にいるだけで、自然にその意識の高さが移ってきます。
というよりも「周りがこんなに勉強してるから勉強しないとヤバい」という気持ちになれます。

学校の放課後や部活の後でも文句を言わずに予備校に通う友達の姿を見ていると、自分も勉強する気になりますよね。(私の経験です)

周りの学力が高く、自分の学力を知れる

これは非常に重要な点です。

高校受験で中高一貫校に入ると「周りの人はみんな頭が良くて、勉強も進んでいる。自分はかなり遅れていてヤバい」と感じると思います。

もし高校受験をして普通の高校に進学したのなら、”高校受験をして、大学受験をする”人間の子しか知らないことになります。

しかし”中学受験をして、大学受験をする”人達もたくさんいます。そして、中学受験をした人達の方が学力は高いです。

そのため、高校受験をした人の中でいい成績を残していても、大学受験を受ける人全体の中ではそれほどではありません。

その事実を知ることができれば高校受験でいい高校に入ったとしても油断することなく危機感を持って勉強することができます。


高校受験でトップ(2列目のオレンジの左端)でも、大学受験をする上では平均よりちょっと上くらいです。この事実を知れることが中高一貫校に入学するメリットです

私は高校受験では全国模試で上位に入るような学力でしたが、高校に入学して自分の頭の悪さを思い知りました。その後追いつくために勉強してなんとか希望の大学に入学しました。

異なる環境の子と接して視野を広げられる

中学から入学した子と高校から入学した子という異なる環境の子と接することもメリットの一つです。

全員が高校入試で入ってくる高校とは少し雰囲気が違います。そういった違いを感じて視野を広げられるのもメリットかと思います。

私が通った中学と高校は全く異なる雰囲気で、全く異なる人たちが集まっていました。色々な人と接することができたのは私の財産のように感じています。

中高一貫校に進学するデメリット

逆によくあるデメリットとしては

  1. 合格実績が良いからと言って自分もいい大学に行けるとは限らない
  2. 学力的に大きな差がある
  3. 中学入学の子と高校入学の子で仲良くなるのは難しいことがある

などが考えられます。

合格実績が良いからと言って自分もいい大学に行けるとは限らない

先ほども話した通り、中学から入学した子のほうが勉強が進んでいます。

そのため殆どの合格実績が中学からの子によるものであることが多いです。
東大合格者数が20人でも、そのうち19人が中学からの子といった感じです。

高校から入学した子に限った合格実績は大したことのないものかもしれません。

このようなデータは載っていることはありません。(高校入学の子の合格実績も良いのなら公表してるかも)もし志望校に中間一貫校があるのなら学校説明会に行って質問してみることをお勧めします

学力的に差がある

中学入学勢との差は追いつくことができればプラスとなりますが、入学した時から大きな差があることを嫌がる子も多いでしょう。

一緒に勉強して頑張るというよりは、遅れてる分を取り戻すという形になります。

競い合って頑張れる子ならプラスに働きますが、集団の中で常に上のほうにいたほうが頑張れる子には向かないかもしれません。

中学入学の子と高校入学の子で仲良くなれない

もちろん学校や子供の性格によって大きく変わります。

しかし、平均的にみると中学からの子と高校からの子は仲良くなりにくいと感じます。
別に仲が悪いわけじゃないんですが、なんとなく隔たりを感じる。。。といったような感じです。

二年や三年でようやく一緒のクラスになる場合もあるので仲良くなるのはそもそも難しいのかもしれませんね。

人数比も大切で、中学入学の子が圧倒的に多い学校に高校から入学すると転校生のような気分になります。すでに出来上がっているコミュニティに入らなければならないので、人見知りの子には厳しいですよね。

ちなみに私は高校から入学する子の割合が低い高校に入学しました。最初は転校生のような気分でしたが、高校からの人数が少ないのが逆に上手く働き、(高校からの人だけで集まれないため)中学からの子と仲良くなれました。でもそれは私の高校が特別だったのかと感じます。いろいろな人の話を聞くとなかなか仲良くなれないそうです。仲良くなっていると先生から驚かれることもあるのだとか。。。

まとめ

最後に

  • 中間一貫校にはメリット、デメリットがある
  • 良いと感じるか悪いと感じるかは子供次第!
  • 別にどの高校にもメリットデメリットがある

メリット、デメリットについて書きましたが別に中間一貫校が良いとも悪いとも感じません。この記事はあまり知られていないけど実際入学するとこんな感じだよってことを伝えたくて書きました。

大切なのは入学する子供がどう感じるかです。

勉強の進みに差があることを感じて頑張れる子もいるし、嫌になっちゃう子もいます。
中学からのコミュニティに高校から入ることを楽しみに感じる子もいるし、嫌がる子もいるでしょう。

上に上げたメリット、デメリットは全て感じ方の違いでどちらとも取れるものなんです。
その子に合った高校を選ぶことがなにより重要です。

合った高校かを判断する一つに材料として参考にして頂けたら嬉しいです。

アザラシ塾とは

logo

アザラシ塾は家庭教師の管理人がたどり着いた本当に結果が出る定期テスト対策や高校受験対策を伝えるブログです。このブログを見た1人でも多くのお子様の成績を上げることを目指しています。


TwitterとLINEより最新情報季節ごとのお役立ち情報をお伝えしています。


友だち追加

合格率100%!

高校受験の秘訣を教えます

塾だけで合格できますか?

家庭教師としてこれまで指導してきた子を全員志望校に合格させてきました。

受験で志望校に合格するためには、お子様とご両親が正しい考え方で長期的な戦略を立てること、そして入試で1点でも多く点数を取るためのテクニックを身につけることが大切です。

しかし、そういった実戦的なコツは塾では教えてくれません。

塾に通って言われるまま勉強をするだけでお子様は志望校に合格できそうですか?

対策講座でお教えする全ての内容は今のままでは届かないワンランク上の志望校への合格を後押しするでしょう。

合格率100%の指導の秘訣をお教えします。

高校受験対策講座はこちら