管理人のブログ

塾講師、家庭教師がやれることって少ない

この記事を書いた人

アザラシ塾管理人
中学時代は週7回の部活をこなしながら、定期テストでは480点以上で学年1位。模試でも全国1位を取り、最難関校に合格。 塾講師、家庭教師として中学生に正しい勉強法を教えることで成績アップに導いています。

管理人のブログ、第2弾です。2回目は、塾講師や家庭教師が生徒にしてあげられることについてです。

実は塾講師や家庭教師が生徒にしてあげられることって少ないんじゃないの?って感じます。

ご両親は塾に任せれば、家庭教師の先生に任せれば子供の勉強は大丈夫と思われる方も多いと思います。でもやれることとやれないことがあるし、最近はやれることも減ってきているように感じます。

そこで、ここで一度塾講師がやれること、やれないこと、塾に任せられること、任せられないことを整理したいと思います。

結局勉強するのは生徒

一番言いたいのはこれ。結局勉強するのは生徒です。

もちろん生徒が効率よく勉強できるために、生徒の助けになるように最善を尽くしますが、やれるのは手助けだけ。これは絶対に変わりません。

生徒にあった勉強の計画を立ててもそれ通り勉強してきてくれなければ意味がありませんし、どんなに分かりやすく解説しても半分寝ながら聞いているようじゃこれも意味がありません。

授業ではなく、生徒自身が勉強することで学力がつく

それに授業を聞くだけでは問題を解けるようになりません。

聞いて理解した知識を、実際に自分の頭と手を使って使ってみることで問題が解けるようになるのです。

でも講師は生徒に代わって問題を解くことはできません。できるのは授業をするだけです。

もちろんこうやって勉強するといいよみたいなアドバイスはしますが、実際に勉強するかしないかは生徒次第です。

講師がやれる限界

じゃあ勉強しない子を勉強するようにさせればいいじゃないかと思われるかもしれません。

でもですね、勉強やりたくないって言っている子を勉強させるって本当に難しいですよ。これまでたくさんの子に接してきてやる気を出させるためにたくさんの事をやってきたつもりですが、これをやれば絶対にやる気を出させられるということは見つけられていません。もちろん私の力不足と言われればそうですが。

塾講師や家庭教師がやれることは勉強を教えること。それ以上はできないんじゃないのでしょうか。

やる気があるなら講師は生徒の大きな力になれますが、別にやる気がないのならどうすることもできません。それが講師の限界に感じます。

だから大した存在じゃないんですよね、塾講師って。

塾に入れる両親が期待すること

塾の費用って安くはないですよね。子供を塾に入れる方は、塾に対し様々な期待を持っておられると思います。

塾では勉強を教えることしかできないということを分かっている方も多いですが、塾に入れれば勉強に関する全てを任せることができると思われている方も結構います。

しかしそれは間違いです。

さっき言ったように、塾での勉強よりも自宅学習の方が大切です。自宅でちゃんと子供が勉強できているかどうかを見ていて欲しいですし、勉強できる環境を提供して欲しいです。そして勉強にやる気が出ないのならご家庭で話し合って解決して欲しい。

もちろん無理にやる気を出させろということではなく、やる気が出ないなら出ないで良いと思います。別に勉強や受験が全てではないですから。

でもやる気がないなら難関校に進学することはできないので、そこそこの高校に進学することになります。それは分かっておいてください。

よくあるのが、授業も寝て宿題もしないのに偏差値60くらいの高校に行きたいです!と言う子です。両親も「成績を上げて合格させてもらえますか?」というようなことを言われます。

しかしそれは不可能です。授業を寝るのは家での生活に問題があります。(最近はスマホを夜遅くまでいじって寝不足の子が多いです。)宿題をやってこないのはその子のやる気と自宅学習に問題があります。その問題は私の力ではどうにもできないので、ご家庭で解決して欲しいんです。

そういうことを言うと、このような返答が返ってくることがあります。(結構ある)

「親の私からは子供にそんなことは言えないんで先生から言ってもらえますか?」

塾講師は親代わりではない

そんなお願いをされたら一応断らずに生徒に伝えます。でもほぼ他人である塾講師が、生徒の生活のことを注意してもどれだけ響くでしょうか?

中学生の子供は思春期で扱いづらい時期なのは分かります。

しかし、家での生活の問題は家族で向かい合って解決してほしい問題です。

「子供が怒るから代わりに言って欲しい」と言われても講師が注意するのは違う気がするんです。たとえ喧嘩になったとしても親子で向かい合うべきではないでしょうか。塾講師は親代わりではないのですから。

まとめ

塾では勉強を教えることしかできません。それ以上のことはできません。
塾で勉強するだけで学力が上がることもなく、自宅での勉強が欠かせないです。

あくまで塾は補助に使うものだと思います。自分で勉強する気が合って、さらに効率的に勉強をしたいから塾に通うというのが本来のあり方だと思います。基本は自学自習なんじゃないでしょうか。

 

ABOUT ME
管理人
管理人
中学時代は週7日の部活をやりながら全国最難関校に合格。大学時代から塾講師や家庭教師として働き、多くの中学生を指導してきました。自身の高校受験の経験と講師としての指導経験から本当に結果が出る勉強法や勉強に関する情報を発信しています。
高校受験 まとめ
時期ごとにおススメの情報を
お伝えします!

LINEでアザラシ塾を友達登録してもらうと、時期ごとに知っておくべきおススメ記事を紹介します!
また、保護者様に限りLINEでの学習相談も受け付けています。

アザラシ塾を友達登録して勉強に関する有益な情報を受け取りましょう! 友だち追加
お子様も学年1位に

確実に生徒の定期テストの点数を上げる家庭教師の秘密。全てを隠さずお教えします。やることはシンプルで簡単。でも誰も教えてくれません。

定期テスト対策講座
「子供に定期テストの点数を上げて欲しい。」はほとんどの方が持つ悩みです。少しでも点数を上げるために成績が良い子の親から話を聞いたり、本屋で何冊もの問題集を買ったり、塾で授業を受けさせたりしようと考えたことがあるでしょう。

ではこれまでにテストの点数は上がりましたか?

定期テストの点数を上げるためにやるべきことは、もっと単純で基本的なことです。あまりに基本的なことなので、案外誰も教えてくれません。
家庭教師として生徒のテストの点数を100%上げてきた私のテスト対策の秘訣をお教えします。

点数を上げる秘密をさらに知りたい方はこちら!